ホワイトデーのお返しで差をつけるデキる男の3つの秘密

いろんなバリエーションのあるバレンンタインデーのチョコ。

「本命チョコ」「義理チョコ」「友チョコ」「ファミリーチョコ」などもらう機会も増えてきているようです。

そんなバレンタインチョコをもらって嬉しい反面、お返しを悩むのがホワイトデー。

「どうせ義理チョコだから」「これは友チョコだから」と安易に考えてはいけません。

女性から「この人はできる男」と思わせる事のできるイベントの1つが、ホワイトデーです。

逆に、ホワイトデーをおろそかにすると、今後「あれ?あの子からのアプローチがなくなった?」なんてこともあるかもしれません。

なぜなら、女性は本命チョコはもちろんのこと、本命チョコ以外でもきちんとチョコを渡した男性の、センスと気遣いを見ているからです。

「えっ?そうなの?」と思われた方!今年のホワイトデーから「できる男」に変身できるチャンスですよ。

ホワイトデーを境に女性からの印象も変わるでしょう。

ホワイトデーのお返しが普通と違う

子供のころ、「何個チョコもらった?」などといった会話をしたことはありませんか?

確かに数が多いと優越感をおぼえますよね。

ですが、重要なのは数ではありません。

もらったチョコレートの種類です!あなたがもらったチョコは何チョコですか?「義理チョコ」「友チョコ」「本命チョコ」どれでしょうか。

乙女心は分かりやすくもあり、複雑でもあります。

「本命チョコ」とわかりやすい場合はいいのですが、「義理チョコ」だと思っていても実は、「本命チョコ」だったといったケースも少なくありません。

バレンタインのシチュエーションや女性の性格によってチョコの意味が変わってきます。

もらったチョコの本当の意味を探りましょう。

できる男はそのチョコが何チョコなのかを判断し、ホワイトデーのお返しを利用し意中の女性との距離を縮めるテクニックを持っています。

意中の女性からのチョコが本命であったり、義理チョコと称した本命チョコならば、距離を縮めたりコミュニケーションを取る有効な手段としてホワイトデーを利用してみてください。

「お返しを考えたけど、好みもあるし・・よかったらディナーでもどう?」といった風にホワイトデーを利用すればディナーもスマートに誘うことができ、女性も身構えずにOKしてくれるかもしれません。

ホワイトデーのお返しだからといって、「キャンディー」「マシュマロ」などの定番のお返しより、意外性のあるお返しでグッと距離を縮めるのもいいかもしれません。

人よりもう一歩努力したリサーチ

シンプルなチョコから凝ったデザインのチョコ、有名ブランドのチョコなどもらうチョコも様々だと思います。

スイーツ男子のように、甘い物をよく食べるといった男性もいますが、甘い物をあまり食べない男性にとっては、チョコレートの値段は検討もつかないといった方が多いのではないでしょうか?