女性から見た「こんな男に惚れてまう」特徴3つ

たいしてかっこいいわけでもない、体格がいいわけでもない、男らいいわけでもない、なのになぜかモテる。

なぜか、コンスタントに女性と関係を持っている。

そんな男性が周囲にいる方は少なくないと思います。

男性から見れば、なんでこいつが、と思うレベルの人もいるでしょう。

自分だって負けず劣らずの努力もしているし、女性からもよく高評価をもらえる、にも関わらず、何がそれほど違うのかと思うかもしれません。

しかし、女性の視点からのモテる男と、男性の視点からのモテる男では、特徴に差があります。

今回はそんな女性の視点からのモテる男を見ていきましょう。

余裕のある人

男女はやはり、異性の女らしさ、男らしさという部分に惹かれます。

しかし、ここでいう男らしさというのは力があったり、体力がある、ということではありません。

女性を引き付ける男らしさとは、余裕を持った男かどうか、ということです。

当然力や、体力といった身体的な能力に長けているのはそれだけで高評価の1つの要因とは成り得ます。

身体的能力を下げる必要もありません。

しかし、余裕はないが、身体的能力には長けているというのはいただけません。

それならば、逆の状態が望ましいです。

では、その余裕とは何なのか。

それは、いつ何時も女性を包み込むような包容力や、何が起きても動揺を表に出さない精神的な余裕のことです。

例え自分が動揺することが起きても、この人と一緒ならなんとかなる、乗り切れる、そう思わせることが一番です。

基本的に男性のほとんどが、女性よりも身体的には優れている、というのは言うまでもありません。

運動音痴な男性や、格闘技をやっている女性というケースで逆転してしまう場合もありますが、基本的には男性の方が優れています。

そのため、女性の視点からすれば、身体的筋力で張り合っているよりも、内面の余裕というところで頭一つ抜けている人に魅力を感じます。

母性本能を刺激する

母性本能と聞くと、甘えん坊や子供っぽい、だらしがないことをすると効果的と思う人がいるかもしれません。

しかし、それは違います。

母性本能をくすぐる男とは、「女性に自分の弱みを見せることができる男」のことを言います。