好きな人からLINEを既読スルーされた場合の対処法

今日では、LINEを使ってでのやり取りをされる方が急増しています。

LINEは、”既読機能”や”スタンプ”によりリアルタイムコミュニケーションがより円滑に取れるのがみry苦です。

2013年時点で、登録者数が約19ヶ月を経て1億人に突破しています。

楽々連絡を取り合うことができる優れものですが、この交換相手が好きな人、恋人の場合は数々の問題点があり、その内の一つが”既読スルー”です

連絡を見て放置する、それから波及するトラブルも少ない中で今回は、”既読スルー”に対しての効果的な対処法を紹介します。

相手の返事を急かさない

連絡を確認してもすぐに返さない、といった心境とは主に”面倒くささ”からくるものがほとんどでありますが、中には確認して後から返事を返したい方も、中には必ずいらっしゃいます。

また、後から返そうとしていて、他事が入ってしまってそのまま放置してしまう方もいらっしゃいますが、言えることは”悪気はない”ということです。

メッセージを送った側からすれば返事が来なければ不安を抱くのも分かりますが、返信する側も返事をしたくても出来ないことが多いため、返事を強いられても焦られるだけなので、状況が良くなることはまずありません。

返事をし忘れた事実を知った地点で、たいていの場合相手には申し訳ないといった気持ちが入り込んでいるので、大切なのは、相手のそういった気持ちを少しでも拾ってあげられるかどうかです。

既読スルーをされたとしても気長に待ってあげることは相手を信じることに繋がります、また返事が来なくても冷静に対応してあげる、それが良好な関係を築く大切な一歩なのです。

連続でメッセージを送らない

返事がこないからと、立て続けでメッセージを送られる方もいらっしゃいますが、これはある意味で一番やってはいけない行いです。

相手が忙しくて、時間が少し空いて携帯の電源ボタンを押した瞬間に、画面には同じ人からのメッセージが数通届いていた、というのを連想してみると、なかなか怖いものもあります。

しつこい、くどい、最悪の場合だと鬱陶しがられた上に連絡を取りたくないと思われるといった、マイナスな要素しかないのです。

連絡が来ないのも不安ではありますが、連絡を送れない相手側も気を遣っているのも間違いありません。

ここで如何に優しく対応してあげられるかで、相手が気を許せる関係か否かが決まります。

余裕をもって相手を迎えてあげることが、良好な関係を築き上げるきっかけとなるのです。