モテる社会人になる方法!ビジネスにも使える3つのモテノウハウ

男性が女性にモテる環境というのはさまざまです。

学生のうちと、社会人の場合では、モテるという事の重要性が全く違います。

学生のうちはある程度の期間が経てば、周りの人と進路が変わり、環境が一変します。

今回は恋愛だけでなく、ビジネスマンが会社内で上手く立ちまわるためにも使えるノウハウになっています。

社会人は失敗した数ほどモテるようになる

日本は終身雇用を採用していることあり、会社に勤めれば基本的に同じ環境です。

ということは、社会人の恋愛というのは、学生の恋愛とは異なり数を打つことが困難になるということが重要となってきます。

すなわち、無駄に失敗をすることは許されないということです。

職場が同じということは、一度恋愛に関する事で失敗すれば、マイナスなイメージのものが社内に流出してしまう可能性があります。

そのイメージは会社を去るまではついてまわります。

そのため、社会人の恋愛は慎重に行うべきです。

このこと注意することが職場でモテるための大前提の行為です。

これを前提に、社会人が職場でモテる特徴を見ていきましょう。

仕事ができる人

この比重は非常に大きいです。

イケメンであることよりもモテる要素になり得るものです。

今や女性も仕事をすることが当たり前の社会となりましたが、それでも、女性が仕事のできる男性がかっこよく見えることは今も変わりません。

むしろ、女性が主婦ではなく、職場にいることで、仕事ができることを見せつけることができる相手が増えています。

ただし、「仕事ができる」ことについての基準としては、企業のトップの人ほど仕事ができることが要求されているわけではありません。

あくまで「仕事ができない男」にならないことが重要です。

もちろん仕事ができることに越したことはありませんが、合格点はそう高くはないでしょう。

職場では女性を女性扱いしない

上述した通り、女性が社会進出してきたことは事実です。

しかし、それでもやはり男性中心であることに変わりはありません。

そのため、女性が一会社員として見てもらえないことがあります。

女の子だからできなくても仕方ないよ、無理しなくてもいいよ。