モテる男のオーラを身にまとうための3ステップ

モテる人は、本人が無意識でも、何となく存在感があって、人の注目を引きやすいオーラをまとっていることが多いですね。

オーラとは、その人の醸し出す雰囲気で、その人の内面の感じ方・思考のようなものが外側ににじみ出てきたものだと思います。

なので、一朝一夕で変われるものではないかもしれませんが、自分のオーラを意識して変えていくことは可能です。

オーラとは何なのか?

オーラや雰囲気というと、曖昧で、受け取る側の感じ方によって左右されるものだと思うかもしれませんが、一般的に言われるオーラとは、思考習慣や性格などが雰囲気として外面ににじみ出たものをいいます。

マザーテレサの有名な格言があるのですが、こんな言葉を聞いたことはありますか?

『考えが変われば、意識が変わる。意識が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人生が変わる。人生が変われば、運命も変わる』

こんな風に、あなたの内面や思考パターンを変えていくことによって、それは行動などの外面的な部分に現れてきます。

それでは、モテオーラを身につけるほ3ステップについて説明していきます。

ステップ1.身だしなみを整える

言うまでもなく、オーラは、その人から受ける印象のことですから、内面がどんなに素晴らしくても、やはりある程度は、身だしなみに「気を遣っている」必要はあります。

モテるために、生来の顔の造形が必ずしも人より優れている必要もありませんし、ブランドものを頻繁に身につけている必要がある、と言うことでもありません。

身だしなみを整えることは、他人にたいする敬意を表す一部でもあります。

仲良くなってからは、男女ともに徐々に身だしなみも崩れていくものですが、良い意味での緊張感は、恋愛の良いスパイスになります。

最低限の清潔感を保った、自分らしさを表現できるファッションを楽しんだり、小物などを身につけて、自分自身が明るい気分でいられるような身だしなみを心がけていましょう。

ステップ2.一生懸命になる

女性に対して、一生懸命になるのではなく、仕事でも趣味でもなんでもいいので、自分が一生懸命、真摯に取り組めるものを何か見つけてみましょう。

女性は客観的に見ている場合が多いため、自分に対して、直接的に一生懸命にしてもらうことより、他の部分ではどうか、長期的な取り組みをしていることがあるか、という部分をよく見ています。

男性が、何かを長期的に頑張っている姿そのものを魅力的に感じるのは、掘り下げてみれば、何かを一定期間頑張れり続けられる人というのは、その情熱を支えるだけの意志の強さや、能力、生き様そのものといった人間的魅力に直結していると捉える人が多いからだと思います。

まだあまり言葉を交わしていない時点でも、女性は、(人にもよりますが)概して、男性より言葉によらない雰囲気をつかむのに、はるかに長けていますので、言葉だけで語れる魅力や、女性に向けた行動ばかりに注目しなくても、男性の生き様や普段の様子から、本来の魅力を察せる部分も大きいのです。

雰囲気は、その人の生きてきた時間全てでつくられるので、まったくごまかしはできませんが、「実際の考え方・行動を変えていく」けば、自然に変わっていきます。