人見知りだからこそモテる男になれる!常識の逆を行く方法

人見知り・奥手な男性の中には、女性との会話に慣れていないだけの人・性別関係なく、人に心を開くまで長くかかる人、いろいろです。

自分で口下手の自覚がある人も多く、酷い場合は、せっかく自分から気になる人ができても、好き避けしてしまったり、片思いで終わってしまったりと、人見知りなことで、”モテる人”から遠ざかってしまいがちです。

でも、内向的な性格をいきなり変えるということは、とても難しいと思います。

今回は、少しだけ人見知りを努力して克服しつつ、自信を持って自分の良さを表現しやすい環境に身を置く方法をご紹介します。

人見知りになってしまう理由とは?

まずは、どうして自分が人見知りしてしまうのか、思い当たる理由があるでしょうか?

人見知りの原因を取り除く為には、自分のことを客観的に見て、自覚することから始めてみましょう。人見知り男性がモテるようになる方法

人見知り・奥手な男性の中には、女性との会話に慣れていないだけの人・性別関係なく、人に心を開くまで長くかかる人、いろいろです。

自分で口下手の自覚がある人も多く、酷い場合は、せっかく自分から気になる人ができても、好き避けしてしまったり、片思いで終わってしまったりと、人見知りなことで、”モテる人”から遠ざかってしまいがちです。

でも、内向的な性格をいきなり変えるということは、とても難しいと思います。

今回は、少しだけ人見知りを努力して克服しつつ、自信を持って自分の良さを表現しやすい環境に身を置く方法をご紹介します。

人見知りを克服するには、”受け入れる”

人見知りの最も大きな理由は、『恐怖に対する自己防衛本能』『相手に対する強度の警戒心』だと言われています。

まだ起こるかどうか分からないことに対してまで、全てうまく行かないような気がして、心配や不安に心が支配されてしまう状態が根本にあります。

さらに、もともと、あまり人見知りというわけでなくても、過去の何らかの体験から、一度得たものを失ってしまう恐怖が先にたち、傷つくのを恐れるあまりに、関係を深める前から尻込みしてしまう例もあるようです。

心理学的には、このような恐怖心の克服のためには、まず、自分が人見知りをしてしまう理由を素直に認めて、自分の現在の状態を受け入れることからスタートします。

自分と向き合って、人見知りしてしまう理由をしっかり見つめ、知り合う機会のあった女性を、一人の人対一人の人として見るようにしましょう。

また、最初に、人見知りだと言ってしまっておけば、周りもそれなりに考慮してくれますし、自分のほうでも、相手を異性として意識し過ぎず、どんな人か知ろうとすることで、人見知りならではの「一旦心を開けば、よい付き合い方が出来る」出会いになるのです。

女性から見た「モテる男性」は男のモテるイメージと全然違います

よく男性目線の”モテる”男性には、『何人の女性を落としたか』とか、『合コンなどで狙った女性のお持ち帰り方』などの指南が目立つようですが、女性からみた”モテる”男性とは、そういったこととは違った定義をしていることが殆どです。

女性からみた”モテる男性”というのは、「この人、いいな」と好感を持ってくれる異性が周りに沢山いて、さらに「この人の彼女になったら、幸せだろうな」と思ってもらえる男性のことです。