狙ってる女性とのLINEで犯してはいけない4つのタブー

近年、スマホが普及し、LINEというソーシャルツールが浸透し、どこでもいつでも誰ともで、超お手軽にコミュニケーションが取れるようになりました。

電車の中を見回してもカチカチ、カチカチ。

女の子はこれでもかというくらいスマホに釘付けです。

そんな彼女たちは、平均すると1日6.7人の男性とLINEのやり取りをしているようで、あなたが狙っている女の子も、他の誰かが狙っていて、我先に仲良くなろうと激しい競争状態になっています。

そんな中、LINEでのタブーを犯して自爆していくライバルもいれば、もしかしたらあなたも経験があるかもしれません。

そこで、絶対にやってはいけないLINEのタブーを4つ紹介します。

絵文字を多用する

顔文字程度を、ほんの時々、入れる程度で十分です。

また、女性が色々絵文字を使ってきても、そこに深い意味はありません。

絵文字で、女性の自分への気持ちを推測したり、判断することは避けましょう。

小文字やギャル文字のような書き方をする

男の人でやっている人はまずいないと思いますが、女の子が使っているのはたまにみます。

例えば「ゎたし」とか「ぅち」とか、なぜか小文字に置き換えてかわいく見せるというテクニックです。

しかし、男がこれを女性に影響を受けてやってしまうと、頭が悪いか、チャラいかと思われるだけなので要注意です。

相手の女性がギャルならばともかく、普通の社会人の女性が相手の場合、単純に読みづらいだけですから、ギャル文字は避け、きちんとしつつも堅苦しくない文章を書くことが大切です。

スタンプばかり送る

スタンプは既に仲の良い友達同士で楽しむものであって、恋愛には不向きです。