女性を喜ばせる5つのLINEテクニック

「マメな男性がモテる」とよく言われていますが、実際のところ、モテる男性は、色々なポイントを押さえたやりとりを(意識的であれ、無意識的にであれ!)心がけているようです。

気軽に連絡を取り合える手段として、すっかりなくてはならないものとなったLineですが、気になる人に自分のことを意識してもらったり、仲良く会話のキャッチボールを楽しんだりして、少しずつ距離を縮めていけたらいいですね。

片思いの女性、お互い気になっている女性では、話題も少し変える必要があります。

さっそく、メッセージを受け取った女性が、読んで思わずにっこりしてしまうようなLineのテクニックを見てみましょう。

ちょうどいい距離感に保つ「ベター連絡頻度テクニック」

マメな男性はモテるといいますが、連絡の頻度が必ずしも毎日でなくてはならない、ということではありません。

相手の女性も、通常は、学業や仕事で忙しくしていますので、彼女の休日や生活時間帯を考慮した時間に、適度に送れると好感度アップにつながります。

気になる女性相手でしたら、連絡の頻度は、3日〜1週間に一度くらいで十分ではないでしょうか。

用件や内容によっては、時には、既読スルーしてしまっても構いません。

やりとりを何往復か続けるような場合は、お互いが話すことに前向きになりやすい環境を用意する必要があります。

時々、相手に自分のことを考えさせる時間をあたえるために、既読スルーを勧めるアドバイスを見かけますが、もっといい方法があります。

一歩上をいく「既読スルーテクニック」

それは、心理的駆け引きとしてでなく、相手の時間を尊重するための既読スルーです。

例えば、相手の女性が何かドラマを見ているという話題が過去にあったとします。

そうしたら、そのドラマの放送時間中はLINEを送らずに集中させてあげ、ドラマが終わってから返してあげるといった気遣いもできます。

これは逆の立場になったらどうかと考えると分かるのですが、あなたがゲームやら映画を真剣にみているときに、LINEがピコピコなったら「うるせぇ!」と思いつつも、返さなきゃ悪いと思って、LINEに気を取られていたことはないでしょうか?

相手のことを連絡の頻度を調節できるほうが、印象を良くすることもあります。