憧れのシチュエーションを叶えてあげて!女子高生が卒業式にされたい告白とは?

好きな女子に卒業式に告白するのであれば、ドキドキの演出をしてみませんか?

女子には「こんな告白されてみたい!」という夢があります。

そのため、あなたの告白に喜んでもらえれば、OKされる確率も自然と上がるのです。

そこで今回は、女子高生が憧れる理想の告白をご紹介します。

卒業式だからこそ大胆に!みんなの前で告白!

女子は常に漫画のような恋愛に憧れています。

そのため、卒業式の日にみんなの前で男子から「○○の事がずっと前から好きでした。付き合ってください!」というような告白の仕方を意外と好みます。

普段の何でもない日常に男子からこんな告白のされ方をしたらドン引きしてしまいますが、「卒業式」だから大胆に告白されたいという女子が沢山居ます。

この告白方法の注意ですが、お互いに両想いであることが前提です。

高校生はお互いに薄々相手の気持ちに気づいているのに告白やアプローチを一切しないのが高校生あるあるです。

そんなお互いの気持ちに薄々気付いているからこそできるみんなの前で告白できる状況なので、一方的な思いの場合はこの告白方法はあまり女子受けはよくありません。

ちょっと古風なのが良い?第二ボタンを渡して告白!

中学生の時の卒業式では女子が好きな男子に「第二ボタン下さい」というのがよくある状況ですよね。

ですが高校生にもなると女子が男子に第二ボタンを貰いに行くことは「絶対」という位起こらない事なのです。

そこで、卒業式後に「好きです。僕と付き合ってください。もし付き合ってくれるのであればこの第二ボタンを受け取ってください」と言って手の平に第二ボタンを持って告白する方法です。

「ちょっと古いように感じる」と男子は思うかもしれませんが、女子は「自分のため」という感情にとても弱い生き物なのです。

そのためちょっと古いように思われがちなこの方法でも女子は少女漫画の世界に居るような感覚が大好きです。

もし付き合うことができればその第二ボタンは一生女子の思い出です。

卒業式の下校前…「一緒に帰らない?」は告白の合図!

卒業式の日は普段に比べて下校時間がとても早まります。

卒業生ともなると午前中で下校になる高校も多いはずです。

3月のお昼時ってとても暖かいですよね。

そこで好きな女子に「話があるから一緒に帰らない?」と誘ってみてください。