思わず抱きしめたくなる!卒業式の告白で使いたい男子ドキドキの台詞とは?

春は出会いと別れの季節と言いますが、卒業をきっかけに好きな人と会えなくなるのは寂しいですよね。

いっそ会えなくなるくらいなら、告白しちゃおう!と決心している人も多いと思います。

そこで今回は、こんな台詞を言われると思わず抱きしめたくなる!というドキドキの台詞をご紹介します。

卒業式で告白する女子はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

頑張って先輩と一緒の高校に入るから付き合って下さい!

「頑張って先輩と一緒の高校に入るから付き合って」というセリフを男子が卒業式に女子に告白されたら、もうキュンキュンしちゃいますね。

先輩を愛する気持ちが伝わるこの言葉には、先輩の男性と一緒の高校を目指し、一生懸命に勉強をしてくれた女子の可愛さが伝わります。

自分と一緒に人生を歩みたいほど本気の愛情なんだなと伝わるのです。

こんな子は、自分に文句も言わずに付き合ってくれそうです。

いつも自分と楽しくデートしてくれて、何を言っても「うん、うん」と聞き入れてくれそうです。

そんなところも、ますます彼女にしたいと思うところなのです。

後輩ならば、「先輩のこと大好きだから、一緒の高校を目指したいと思っています。付き合って下さい」と告白してみるのも気持ちを掴みますよ。

不器用で美人じゃないけど○○君を愛する気持ちは誰にも負けません!

「不器用で美人じゃないけど、先輩を愛する気持ちは誰にも負けません」という告白の言葉は、男子の心に響きますね。

あえて自分を不器用で美人じゃないと見た目のコンプレックスを言ってくれると、男子としても肩を張らずに聞き入れることが出来るんです。

飾らず、控えめなところも男子が「可愛いな」と思うところです。

少し場が和んだら、「○○君を愛する気持ちは誰にも負けません」と言ったら、「この子、本気だな」と男子に本気の気持ちが伝わります。

「付き合ってほしいんです」と最後にストレートに告白したら、もうギュッと抱きしめて「いいよ」と言ってくれるでしょう。

後輩の女子がこんな告白をしたら、先輩の男子としては、可愛い卒業式の告白のセリフに胸がキュンキュンしちゃいますよ。

スポンサーリンク

ずっと見ていました!私の気持ちに気付いて下さい!

「ずっと見ていました。私の気持ちに気付いて下さい」という告白の卒業式のセリフも男子をキュンキュンさせますね。

この言葉は、けなげに男子に気持ちを寄せていたけど、なかなか「好き」という気持ちをグッと抑えていたところがキュンキュンしちゃいます。

「私の気持ちに気付いて下さい」という言葉は、どんな男子もドキドキさせる告白の言葉でもあるんです。

「好き」という言葉よりも、「私の気持ちに気付いてくれたら」と言うところが控えめで可愛いと思えるんです。

こういった女子は男子をサポートしてくれて、見守ってくれる。

でも、助けて欲しい時には助けてくれそうです。

気持ちが優しく、落ち着いた行動も出来そうなところが、ますます男子は惹きつけられちゃうのです。

離れ離れになっても私の好きという気持ちは変わりません!付き合って下さい!

「離れ離れになっても、私の好きという気持ちは変わりません」というロマンチックな言葉を言われたら、大抵の男子はギュッと抱きしめたくなりますね。

同じ高校には行けないけれど、それでも愛情は変わらないだなんて、本気の気持ちが伝わります。

「私の好きという気持ちは変わらない」という部分が、より大人の女性を感じさせるような格好良さがあり、ドキドキしちゃう。

あえて「大好き」という言葉ではなく、こういったセリフを卒業式に告白できる女子は、1人の男性を一途に愛せそう。

そんな女子には、自分も本気の気持ちでぶつかっていきたいとも思います。

そんな男子の気持ちが、抱きしめるという行為になるわけです。

もう抱きしめたら一生離したくないなと思える告白の言葉ですね。

脈がなくても諦めないで!

男子が告白をOKする理由はいくつかあります。

もちろん好きな人から告白された場合はOKするでしょうが、それ以外にも告白する時の姿が可愛かったから、一生懸命な姿に惹かれたから、という理由の男子だっているのです。

告白をOKしてもらえる自信がなくても、あなたの気持ちを一生懸命伝えれば、きっと振り向いてもらえますよ。