気付いたら1日が終わった…を避けよう!ホワイトデーのお返しを学校で渡すのはいつ?

ホワイトデーにお返しを用意したものの、渡すタイミングがつかめなくて1日が終わってしまった…という男子が毎年いるようです。

せっかく用意したのにもったいないばかりか、好きな女子に対して誤解を招いてしまうことになってしまいます。

かと言って、学校は他の人の目もありますし、渡すのもなかなか恥ずかしいですよね。

ですが事前にしっかりとシュミレーションしておくことで、勇気が湧いてくるものですよ。

そこで今回は、ホワイトデーのお返しを渡すタイミングをご紹介します。

本命チョコに対するお返しなら放課後がベスト!

本命のバレンタインチョコをもらった時は女性に気持ちが本気なので、渡す時はなるべく人が少ない場所を選ぶ事が大切になってきます。

学校で人が少なくなるのはいつなのかを考えると放課後になります。

放課後になるとほとんどの人が帰ってしまうのでホワイトデーで本命のお返しをしやすい環境が整います。

放課後で誰もいなくなった時に教室で渡したり、校舎の裏に呼び出して渡す事も可能です。

また本命のお返しをする時は手短ではなくある程度時間を取ってあげる事も大切なので放課後がベストと言えます。

本命のお返しをする時に女性も時間を取ってくれるとすごく喜ぶ事が多いです。

放課後に本命のお返しをしてそのままデートをして楽しむ事も出来るので実践してみるといいでしょう。

昼休みの本命のお返しをするのもアリ

学校にいる時は休憩時間が何度かありますが、約1時間ある昼休みに渡すのも一つの方法です。

昼休みは約1時間あるので食事をした後も時間に余裕があるので渡すタイミングを作る事も十分可能です。

しかし昼休みの時はたくさんの人がいるので渡す場所をしっかり考える必要があります。

ほとんどの人が教室にいるので基本的に教室以外の場所で渡すのがベストな選択です。

校舎内で人通りの少ない階段付近や校舎の外など人が少ない場所を選んで渡すと、女性も喜んでくれる事が多いです。

昼休みに本命のお返しをする時は学校に登校してきた時に女性と昼休みに指定の場所で来て欲しいと伝えて、待ち合せるようにするとスムーズに渡す事が出来るので、実践してみるといいでしょう。