あげたのに返ってこない!彼氏からホワイトデーのお返しがない理由と本音とは?

付き合っている以上、当然のように彼氏にバレンタインチョコを渡しますよね。

そして当然のようにホワイトデーにはお返しがもらえるものだ!と期待していたあなた。

何もくれない彼氏に戸惑っているのではないでしょうか?

3倍返しなんて言葉もあるのに、そもそも無しってどういうこと?彼氏は何を考えているの?

今回は、ホワイトデーにお返しをくれない彼氏の本音をご紹介します。

スポンサーリンク

ホワイトデーだということを忘れている

街中やテレビでバレンタインデーは、大きなイベントとして扱われ特集にされることが多いですが、ホワイトデーはまだまだひっそりした印象を受けることが多いでしょう。

彼氏にとってもバレンタインは重要であっても、ホワイトデーはそこまで重要ではないと考えていることがあります。

彼女からの気持ちやプレゼントを受け取ることに期待が大きく、無事にもらえたあと、「返さなきゃ」とお返しする気持ちは一度は持ちます。

ただ、ホワイトデーが数日後にあれば忘れないでいられるものの、1ヶ月もの期間があくことで、すっかり忘れてしまっている彼氏もいます。

お返しがないのは、単に「今日がホワイトデー」ということを忘れてしまっている可能性があります。

「今日なんの日か知ってる?」「お返しは?」と催促してみると、彼氏はハッと気付くかもしれません。

愛情表現であるホワイトデーには抵抗がある

シャイな彼氏、消極的な彼氏の場合は、気持ちを相手に分かるよう表現するという行動が苦手なこともあります。

女性にとっては、バレンタインデーにあげたから彼氏としてお返しするのは当然と考える人が多いでしょうが、お返しすることで自分の気持ちが伝わってしまうことが照れくさいという心理の男性もいます。

こうした男性の場合は、「付き合ってるんだから好きなのは分かるでしょ」と内心思っていることもあり、あえてホワイトデーにはお返ししないこともあります。

ただ彼氏は恥ずかしさや照れからお返しに抵抗があるため、また違った日にお返しがくる可能性はあります。

愛情表現であるホワイトデーにはこうした照れ、恥ずかしさが邪魔をして、抵抗を感じているのかもしれないのです。

スポンサーリンク

ぶっちゃけ面倒だと思っている男性も…

男性は女性ほど、こうしたイベントごとに関心がないのが現実です。

付き合っている以上、お互いに好きであるということが確認できているため、わざわざイベントを活用して気持ちを伝えるという儀式が面倒だと思っている心理が伺えます。

確かに、バレンタイン、ホワイトデー、クリスマスと、カップルにおいてのイベントは多くあり、周りが騒いでいたり街中が賑わしくなっているところを見ると、それに便乗する自分がなんだかミーハーになった気持ちになることもあるでしょう。

長い期間付き合っている関係、または日頃から気持ちを伝え合っている関係の場合、彼氏は面倒だと感じてお返ししないこともあります。

彼氏の気持ちを理解することができるくらい、日頃から気持ちが伝わってきているのであれば、ホワイトデーにお返しがなかったからといって恨む気持ちを持つことは避けましょう。

あなたとの別れを考えている可能性も…

バレンタインデーの時には二人の関係に問題がなかった。

しかしこの1ヶ月の間に、彼女との間で喧嘩があったり、すれ違いが生じてしまったことで、彼氏の中で「別れ」を考えている可能性も否定できません。

もしかしたら近い将来、彼から「別れよう」と別れ話を持ち出される可能性もあります。

ホワイトデーでお返しをするということは、「俺も好きだよ」という意思表示でもあり、関係を続けていくという意味で捉えることができます。

もしここで彼氏が別れることを考えていたのなら、お返ししないことで意思表示しているのかもしれないのです。

「あなたとはこれから付き合っていくつもりはありません」「好きではないです」という思いだとしたら、ホワイトデーにわざわざお返しすることはしないでしょう。

彼氏を問い詰めるには覚悟が必要…?

ホワイトデーにお返しがなくても、問題なく付き合っていけるカップルもありますし、これをきっかけに別れるカップルもいます。

バレンタインからホワイトデーの間にケンカは無かったか、彼氏の様子に変化はなかったか?などもう一度思い出してみてください。

彼氏の真意は彼氏にしか分からないのです。