本命の彼からホワイトデーのお返しがない!暗に振られたの?その理由と男性心理4選

本命の彼にバレンタインにチョコを渡したのに…ホワイトデー当日にスルーされてしまった。

これは暗に振られたのかな?もう諦めるしかないのかな?とがっかりしてしまいますよね。

でも、いったいなぜ彼はホワイトデーにお返しをくれなかったのでしょうか?

今回は、ホワイトデーにお返しをくれない理由と彼の本音をご紹介します。

単にホワイトデーのことを忘れている可能性も…

世間ではバレンタインデーは大騒ぎしますが、ホワイトデーはそれほど騒ぎません。

多くの女性がバレンタインデーを重視しますが、男性の多くはそれほどホワイトデーを意識しません。

つまり、女性が思っているほど、男性はホワイトデーのお返しを意識していないことが多いのです。

ですから、ホワイトデーに本命の彼氏からのお返しがない場合は、まずはこの男性心理を疑ってみたほうがいいでしょう。

本命の彼氏に特別の意識も心理もなく、単にホワイトデーのことをすっかり忘れていたために、お返しがないというケースです。

ただし、ふだんからマメな性格で、女性にプチギフトをよく贈ったり、イベントを重視するタイプの男性なら、このケースの可能性はあまり高くありません。

あなたの本命が、そういうタイプの男性ではないなら、ただ忘れているだけという可能性が高いと考えていいでしょう。

シャイな性格でお返しを渡せないままホワイトデーが過ぎ去ってしまった

これは、女性経験があまりない、奥手な男性にありがちなのですが、「ホワイトデーのお返しを用意していたのに、結局渡しそびれてしまった」というケースも少なくありません。

あなたから本命チョコをもらったことをうれしく思い、ちゃんとホワイトデーのお返しも用意していたのです。

しかし、ホワイトデーのお返しを渡すタイミングというのは案外むずかしいもの。

職場でも学校でも、他の人の目がありますから、なかなか渡すタイミングがつかめません。

特にうぶでシャイな性格の彼氏であれば、ポケットの中にお返しを持っていながら、「いつ渡せばいいだろう」と迷い、ためらい、結局3月14日が過ぎ去ってしまうということがあり得るのです。

また、相手の女性に対して特別な感情を抱いている場合、その意識の強さが災いして、渡しそびれてしまうことも少なくありません。特別な心理が働いたため、逆に渡せなくなったというケースです。