A型女性は魔性の女!?社交辞令とあなたへの好意とを見分ける基準は?

いつも明るくマメな性格なA型女性は、ひょっとすると八方美人とか魔性の女だとか言われるかもしれません。

そんなA型女性の社交辞令を自分に対する好意と勘違いして、痛い目に遭う男性だっています。

そこでA型女性を好きになった場合は、あなたへの社交辞令と好意を見分ける必要があるのです。

今回は、その見分ける判断基準をご紹介します。

愛想の良さと好意は違う!話し方に注目して!

優等生タイプが多いA型女性は公平に周囲の人と良好な関係を築こうとします。

ですから愛想も良いですし、誰にでも公平で感じがいい人、と思われやすいです。

男女関係なく気さくに触れ合うので、男性にすると「俺に好意があるのか?」と勘違いしてしまうこともあるでしょう。

男性を誤解させるような愛想の良さが「魔性の女」と思わせてしまうこともあります。

愛想が良いだけなのか、それとも好意があるのかを見分ける基準は他の男性と話している時との違いです。

声のトーンが高くなる、頬が上気している、話が途切れない、どんどん話しかけてくる、質問をたくさんしてくる、などです。

他の男性と話している時より自分と話している時の方が熱心で楽しそうなど、明らかな違いがあるならば好意がある証拠です。

敬語かタメ口かもポイント!タメ口ならば恋人になれる日も近いかも?

生真面目な印象のA型女性ですが、好意がある男性にはちゃんとサインを出しています。

たとえば、他の人には敬語や丁寧語で話しているのに、自分だけにはタメ口で話すなどです。

職場の場合、たとえ同い年でも先輩や上司なら相手が「タメ口でいい」と言っても敬語になってしまうのが真面目なA型女性です。

敬語のほうが楽でもあり、みんなに敬語で話すのが自然なのです。

だからこそ、自分にだけタメ口で話されたら、「自分には心を許している」と判断してもいいでしょう。

よっぽど気を許しているか、好意がなければタメ口で話すことはないからです。

また、普段は敬語なのに、突然タメ口で話されるとドキッとしてしまうでしょう。

そういうところが魔性の女のように思わせるかもしれません。

【PR】

※18歳以上対象

PCMAX