A型女性の好意はメールじゃ分かりにくい!?脈ありと言えるメールの頻度とは?

どんなときでも気遣い上手で、周りからの信頼も厚いA型女性。

そんな彼女のことを好きになってしまったのならば、相手の気持ちはやっぱり気になるところですよね。

でもA型女性はマメな性格ですから、メールだけで脈あり・なしを判断するのはかなり難しかったりしますよ。

そこで今回は、A型女性の気持ちを知るために、どんなメールを送るべきか、脈あり・なしを判断するときのポイントをご紹介します。

社交的なA型女性!メール頻度で脈ありかは分からない

A型の女性は話すことが大好きなのでメールの頻度では脈ありなのかは全く分かりません。

なぜならば、メールのやり取りが疑問文で続いている場合、A型の女性はその都度返信をしていきます。

例えば男性が「明日ランチ一緒に食べない?」「どこで食べる?」「何時にする?」といったメールをA型女性に送ったとします。

もちろん疑問文なのでA型女性は必ず返信をしてきます。

ランチ後に男性が「またランチ行こうね」とA型女性にメールを送ったとしても疑問文でなくても必ず返信があります。

そのため、A型女性とのメールの頻度では脈ありか脈なしかの判断はとても難しいのです。

A型女性とのメールが続くか続かないかは男性の送る文章次第で決まります。

メールの頻度で分からなければ「うん」と答えてみよう

A型女性とのメールは文章次第で毎日続きます。

ですが、脈あり脈なし関係なく、行為のない男性にもA型女性はそうしています。

なので、少しでも脈ありか脈なしかを判断したいのであれば「うん」だけ送るといいです。

普段他愛もない会話のメールをしている時に「わかった」「了解」とだけ送ることはあっても「うん」とだけ好意を持っている女性に送ることはあまりないものです。

例えばA型女性とのメールで「明日のランチ楽しみだね」とA型女性が言ってきます。

その時に男性が「うん」と絵文字や顔文字だけ添えて返信した場合、他の血液型の女性であれば「会話が終わったからもう返信しなくていいか」と思いメールの返信はしてきません。

ですが、A型女性の場合、好意を持っている男性とはずっとメールのやり取りをしていたいものです。

そのため、男性が「うん」とだけ返したにもかかわらず、新たな会話のメールが送られてきた場合は脈ありと考えても問題ありません。

顔文字や絵文字で判断してみよう!

A型女性とメールの頻度が多かったとしても脈なしの場合が多いです。

A型女性に好意を持っている男性であれば脈ありか脈なしかはすぐに知りたいものです。