女が惚れる!見せ場を作って男を上げる5つのシチュエーション別攻略法!

この人はモテる、そういった気持ちを何かしらのタイミングで感じたことは、誰にでもあるのではないでしょうか。

年上の先輩や、仕事の出来る同輩、気が利く後輩など、自分より凄いと思うのは誰にでもあり、同時に成長したいと思える瞬間でもあります。

しかしそういったタイミングというのは、ただ待っているだけでは訪れません。

実際に自分がその”場所”に赴き、行動に移さなければなりません。

そこで今回は、モテるに遭遇するかもしれないような場所をピックアップをしたので、ご自身の日ごろの習慣と比較してみてください。

居酒屋:飲み会の幹事

多人数の飲み会だと、お店選び、連絡の管理、会場までのエスコート、司会進行、会中の一人ひとりに対する気遣い、会計額の計算、二次会の手配など、あらゆる面での気配りが求められてきます。

それらの全てをこなすには相当の要領を求められるものの、これを難なくこなす人は相当の要領の持ち主であり、社長の秘書役に抜擢されてもいい程です。

普段の飲み会の席では、ありがとうといった感謝の言葉で片付けられがちですが、冷静に考えれば、尊敬されてもいい役に相違ありません。

身近でそういった幹事を淡々とこなしている人を見かけたら、その人の執っている行動を見てみましょう。

バイト先:丁寧に仕事を教えてくれる人

基本的にアルバイトというのは、社会的責任をあまり負わされることのない、いわばワーカー的存在です。

そんな不安定な立ち位置にいる人、一人ひとりに対して、時間をかけて仕事を親身になって教えてくれる人は、とても頼りになる存在として見られることが多いです。

特に新入りのバイトさんには神のような存在として、厚い信頼をよせられることでしょう。

教える側としては当たり前かのように思われがちですが、教えられる側としては慣れない環境の中で優しく手を差し伸べてくれる人は、自分に余裕と自信を持っている、頼れる尊敬できる人であると思われるのです。

アルバイトを続けて2,3年もすれば、新しく入ってくる後輩も増えてくるので、これを機にサポートしてあげられれば、相手もきっと喜んで貴方に頼って、ついて来てくれることでしょう。

新入りのバイトは、若い女の子が入ってくるケースも多く、女の子と出会いたい場合のおすすめのバイトは侵食点、コンビニ、居酒屋です。

学校:元気に挨拶をする人

挨拶をするのは当たり前とされているものの、朝の「おはよう」、別れ際の「またね」は、自分と相手を繋ぎとめる糸です。

元気に挨拶をすることは一般的に考えても良い行いであるに加え、される側は悪い気はしないので、応用すれば、ある意味では究極の話しかけ文句と捉えても過言ではありません。

近頃の若者世代では、挨拶を疎かにする、もしくは全く行わない人達が増えてきており、置き換えれば大人しくなってきている傾向にあります。

だからこそその中で挨拶から磨くことが、相手にアタックをすると共に、他の男性と差をつけるチャンスとなるのです。