女性にモテたいなら改善しなければいけない6つのポイント

女性からモテたいが為に、自分を変えようと日々、自己研磨を怠らない方も中にはいらっしゃると思います。

しかしそんな中で、女性が男性に”頑張ってほしい”だけでなく、”廃止・無くしてほしい”項目もあるのをご存知だろうか。

人間というのは日ごろの暮らしの中で、自分の中だけの他人に対して苦手な分野、所謂”潔癖”という感性を持っており、特に多くが女性に当たります。

そんな中で今回はその”潔癖”に多い事例をご紹介していきますので、普段のご自分の生活習慣と比較してみてください。

不潔で汚い

これは全ての女性が、全ての男性にしっかりして欲しいと願っている項目の一つではないのでしょうか。

女性の中には自分に対して几帳面な方もいれば、大雑把な方もいるでしょうが、他人に求める条件の中に”不潔”が入れば即座にサイレンを鳴らしてきます。

これは性別問わず、モテる意識のある人は必ず欠かさず気を配っています。

汚い、臭い、不衛生には全女性共通の警戒因子ですので、覚えておきましょう。

空気が読めない

空気、いわば他人の雰囲気と全くかけ離れたことをしてしまうことを指します。

真面目な話の最中、急に携帯をいじりだしたり、論点と全くずれた内容を話し出したりすれば、価値観が違うと判断され、敬遠されてしまうこともあります。

きちんと相手のお話に耳を傾けず、会話のキャッチボールが成り立たなくなると、女性は一気に警戒心を持ってしまいます。

あわせた内容でお話さえ出来れば変に思われることはないですが、常に節度ある行動を維持するのが大切です。

マナーが悪い

主に言葉遣い、公共の場での気遣いを気にしている女性は意外と多いです。

敬語が話せない、時間にルーズ、お店の店員に対して大きな態度を取るといった、普段の生活での当たり前なことが出来ていない人とても敏感です。

レストランや飲み屋なんかでは、店員に対しての上から目線は気をつけるべき行動ナンバー1です。

かといって、皆人間ですので、誰でも何かしらどこか抜け落ちているのは当たり前のことではありますが、治さないままずっと放置し続けている人は論外です。

きちんと自分を見つめ直すといった場面は必ずあるので、そこで如何に自分を切り替えて、変化していけるかが大切です。

短気ですぐに怒る

これも特に女性の人が気にしている項目の一つであり、異性と付き合っていく上でずっとついてまわり、悩まれる一番のケースでもあります。

女性は男性よりも力が弱いので、本能的に男性には恐怖を感じています。

しかし、好意を持っていたり、信頼できる男性に対しては逆に安心を感じるのですが、怒った男性は攻撃的になるため、いくら好意を持たれていたとしても、女性は怖くなって不安になってしまいます。

また、これが短気持ちで頻繁にキレるような不安定な精神状態の人と付き合うと、いつ怒るんだろうと、ビクビクしてすごさなければならなくなり、女性から面倒な人とと思われてしまいます。