A型女性との恋愛は難しい?!長続きさせるためにB型男性がすべきこととは?

全然性格の違うA型とB型。

同性ならまだしも、それに男女の違いも加われば、なかなか相手の考えだって読めませんし、すれ違いも起こってしまうものです。

だけどせっかく縁があって付き合うことになれたのですから、どうせなら仲良く付き合いたいですよね。

そこで今回は、A型彼女と長続きさせるためにB型男性が気をつけたいことをご紹介します。

スポンサーリンク

彼女に対する連絡を面倒くさがらないこと

B型男性は、マメな連絡や義務的な連絡を嫌がる傾向にあります。

その理由として「面倒くさい」「必要ない」「疲れる」といったものがあり、これが理由でA型女性が不安に思うことも多いものです。

女性は寂しがることや不安になることが多いですが、中でもA型女性は繊細で敏感なタイプが多いため、連絡一つですれ違いや距離ができてしまいます。

B型男性はA型女性との恋愛では、できるだけ連絡を面倒くさがらずに、女性が求めている時は応じる努力が必要とされます。

安心させるためにも恋愛を長続きさせるためにも、B型男性がどれだけ面倒がらずに付き合ってあげることができるかがポイントになります。

忙しい時や時間がない時以外は、自分から連絡を入れたり、不安に思っている時は安心させたりと、女性側の気持ちに寄り添うように努力しましょう。

面倒見がいいからと言って彼女に頼りすぎないこと

A型女性は女性の中でも世話好きで、面倒見が良い女性が多いです。

B型男性は自由奔放で好き勝手行動してしまう面がありますが、A型女性のこうした性格に甘えすぎてしまえば、女性はパンクしてしまうでしょう。

例えば一緒にいる時に、出したものを出しっぱなしにしたり、脱いだものを脱ぎっぱなしにしてしまう。

B型男性は「やってくれるだろう」という甘えから直そうとしないかもしれませんが、これが当たり前になってしまえば女性は「私はあなたの母親じゃない」という不満をもたらしてしまうことに。

仮に「自分で後からやろうと思っていた」と言い訳をするとしても、その前に「やってくれてありがとう」の気持ちを持ち伝えることが大事です。

長続きさせるためには、してくれていることへの感謝を示すことで、A型女性の満足に繋がるのです。

スポンサーリンク

記念日やイベントを頭に入れておくこと

A型女性は女性の中でも誕生日やイベントといったことに敏感です。

「プレゼントくれるかな」「一緒にどうやって祝えるかな」と、結構前から準備したり期待していることが多いです。

B型男性が気を付けるべき点は、こうした特別な日を忘れてしまわないようにすること。

自由を好むB型男性は、「すっかり忘れてた」と当日になって彼女をがっかりさせてしまうこともあり、これが続けば「大事にされていない」と彼女は感じてしまいます。

A型女性と長続きさせるためには、カレンダーや予定表に「彼女の誕生日」など、分かるように記しておくと良いです。

忘れてたことが原因で喧嘩になったり、彼女が拗ねてしまったりと、B型男性にとっては後から余計に面倒くさいことになってしまいます。

忘れないように予めチェックし、彼女の期待や準備に応えてあげるようにすると彼女も喜んでくれるでしょう。

彼女からの束縛も愛情の一つだと捉えること

A型女性は寂しがり屋であり、愛情を多く求めがち。

その表現を「束縛」という形でしてしまう女性もいますが、B型男性は束縛が嫌いで、鬱陶しいと感じることも多いです。

A型女性とB型男性は元々恋愛で相手に求めているものが違い、価値観が交わることがあまりありません。

「理解出来ない」と思うことが両者ともにあり、なかなか関係を深めていくことが難しいと感じるでしょう。

しかしそのままお互いを主張し続けてしまえば、当然関係は壊れてしまいます。

B型男性が抑えておくべきポイントは、束縛は一つの愛情だと受け止める気持ちの余裕です。

束縛は自由を奪われB型男性にとってはとても辛いものと感じてしまいますが、それは「自由を奪われる」ことだけに着目しているから感じてしまうことです。

それだけ好きでいてくれている、それだけ自分を考えてくれているという捉え方を自分に持つことで、彼女の行動を受け入れることができるようになります。

「束縛はヤダ」「自由がないのはヤダ」と否定的に見るのではなく、彼女の行動を肯定する捉え方を少しずつ持っていくべきです。

そうすることで、彼女も満たされ幸せに感じ、二人の恋愛も長続きするのです。

性格が違う方が楽しく過ごせるかも!

付き合いが長くなるにつれて、「こいつとは性格が合わないな」と感じることもあるかもしれません。

でも性格って一致しているよりは全然違う人と一緒に居たほうが楽しいですよ。

A型彼女のいいところをきちんと見てあげてくださいね。