モテる気配り4選!初対面から13秒で好かれるルール

多くの男性の中で、「イケメンに生まれてこれたら…」だとか、「あの男優、芸能人、歌手みたいにかっこよくなれたら…」といった、生まれつきカッコイイ人だけがモテる、と悲嘆される方が多くいらっしゃいます。

もしそれが本当なら、街中で芸能人以外のカップルなんて見かけれません、芸能人以外は皆さん独り身になってしまいます。

しかし現実では、お顔や容姿に関わらず、沢山のカップルが外で出歩いていますよね、ご安心ください。

そもそも、顔がカッコイイ=モテる、に繋がっているのでしょうか、いいえ、決してそんなことはありません。

初対面の人を好きになれるかどうかは出会って13秒で決まる

人が、他人を好きになれるかどうかは会ってから、13秒で決まるとされています。

会って目で見て3秒間で”見た目”を、それから更に10秒間で一言挨拶を交わして”雰囲気”を感じます、これがいわゆる”第一印象”です。

お顔や容姿に自信がなくても、残りの雰囲気で相手の”第一印象”を良くすれば良いのです、その方法が”気配り”です。

この気配りさえマスターすれば、上手くいけば”見た目”の第一印象ですら凌駕してしまうほどです。

この章では、厳選した気配り方法をご紹介していきますので、日ごろのご自分の行動と比較し、参考にされてください。

挨拶するときは笑顔を忘れずに!

コレ、実はきちんと出来てる方は少ないのです。

簡単そうに聞こえて、めんどくさいという気持ちでスルーされる方がほとんどなのです。

「おはよう」、「こんにちは」「こんばんわ」から始まり、「またね」で終わるこの自然な流れは、相手の気持ちを敬う行動であるとともに、お話のきっかけを自然な流れで作ってくれる、汚れの無い魔法の言葉なのです。

これはまさしく上記で挙げた、良い気配りができるといった”第一印象”を与えてくれます。

笑顔で挨拶をする、逆に自分がされるのをイメージしてください、悪い気なんてしないですよね。

善は急ぐものであり、待つものではありません、出来てない方は恥ずかしがらず、明日からすぐに実践しましょう。

聞き上手な男子に女は弱い

面白いお話が出来る、いわば”話し上手”な人=女性からの人気が高いと思われがちですが、そうではないのです。

それだけではただの面白い人、お友達で終わってしまいますので、モテるとは異なってきます。

真に女性からモテる人は、女性のお話を聞いてあげられる”聞き上手”な人なのです。

しかしただ聞いてあげるだけではダメです、会話のキャッチボールの中で女性の好みのネタを聞き出し、話題を広げてあげなければなりません。

一言一言に相槌、レスポンス、返事を返して、女性を楽しませてあげられる人にこそ、女性は居心地のよさを感じるものです。