モテる男の行動規範4選

モテる男とそうでない男との大きな違いの一つとして、”接し方”が深く関わってきます。

あくまで異性からの印象というのは始めの段階(第一印象)で決まるものの、次のステップとして、知り合いから始まり、友達、ゆくゆくは恋人としての、今後その人と繋がっていく為の”接し方”がポイントとなってきます。

出逢って、連絡先を交換して、相手に合わせてメールや電話のやり取りを繰り返す、人によっては楽しいと思う方もいれば、面倒くさいと思う方も中にはいらっしゃいます、がしかし、このやりとりは基本中の基本、切れてしまえば繋がりも切れて当然です。

当たり前かの様に見えるものの、もちろん個人差もあり、人によってはマメな連絡を好む女性もいれば、1日数通で十分という方も中にはいらっしゃり、連絡にマメ=モテる、というわけでもないのです。

なので今回は、モテる基礎(=連絡のやり取り)の先での、他人と差をつける”接し方”をご紹介していきますので、日ごろ・日常のご自分の”接し方”と比較してみましょう。

心の変化に敏感となる

女性のマイナスな心情を汲み取ってあげられることは、女性にとって何よりも嬉しく思うことです。

例えばレストランへ外食しに行き、食べたい物を選んでいる時は”楽しい”気持ち、注文して来るのが遅ければイライラする(”怒る”)気持ち、やっと食事が出来て食べてみればやっぱり美味しくて”嬉しい”気持ち、逆に自分のイメージとは違った味だと少し”哀しく”なる気持ち、といった、いわゆる”喜怒哀楽”を感じます。

特に女性というのは感情の変化にとても敏感です。

日々日常の中でそういった思いは心に蓄積されてくので、そういった情報を知り合いや友達、恋人に吐き出し、心をすっきりさせるのです。

しかしその中で、悩み事はアウトプットしづらいものです、特に真剣な悩みだと周りに迂闊にお話出来なく、一方で自分の中での心の負担が増えるばかり。

そんな窮地に立たされている中で気にかけてくれる存在が居たら、自分の事を気にかけてくれる人が居たら、ましてやそれが異性だったら、まず好印象は間違いないでしょう。

日ごろ連絡を取り合い沢山接する中で、些細な心情にも気が付いて少しでも力添えをしてあげられれば、明日への希望へと繋がるでしょう。

全てを包む勢いの優しさ

何か嫌な事があっても全てを包み込む優しさや、迅速に対応ができる器量には、女性にとってはとても魅力的に移るものです。

よくありがちなのがカップル間の喧嘩です。

彼女が、女の子の日(生理)を迎える一方で、彼氏もイライラして結局は衝突してしまうというケースも少なくはありません。

そこで女性の事情を理解した上で、イライラするのではなく、少しだけでも優しく接してあげるのです。

心の感情のコントロールに大変悩んでいる女性にとって、これ程ありがたいと思える気遣いはなかなか無いと感じるでしょう、男性の中でそういった女性のPMS事情を理解している人は少ない為です。

今、彼女がいない方でもこうした事情を知る・知らないで、今後の女性との接し方は大きく変わってきます。

体調を気遣ってあげる

普段接していて、いつもと様子が少しでも違う、おかしいと感じたら即座に「何かあった?」、「大丈夫?」と聞いてあげましょう。

夜更かし、ハードスケジュール、何か嫌な事があって体調に出るケース、女の子の日(生理)、その他諸々、人には様々な例があります。