AB型男性とO型女性の結婚生活はちぐはぐ!?夫婦円満の秘訣は妥協かも!

AB型男性とO型女性の組み合わせで結婚を考えているあなた。

もしかするとその結婚生活は…波乱万丈になるかもしれません。

AB型男性とO型女性は価値観や興味が合いにくく、むしろ長続きできるのならそれは本当に運命の相手なのかもしれません。

今回は、どのような結婚生活になりそうか、夫婦円満の秘訣についてご紹介します。

スポンサーリンク

1人でいたいAB型と2人でいたいO型

AB型の男性は基本的に、例え相手が自分の奥さんであっても同じ空間に長く一緒に過ごす事を嫌います。

もちろん、好きで結婚した相手ですから一緒にいたいという気持ちはあるのです。

けれども、その空間で何かおせっかいを焼かれたり、変な気を遣われたり、自分のペースを乱されるような事をされるのは好きではありません。

ですから、世話好きで人好きなO型女性にとっては、夫婦の時間を一緒に過ごしていたとしても一緒にいるのにバラバラな事をしている状態がとてもストレスに感じます。

例えば、良かれと思ってコーヒーを2人分用意して来たのに、AB型のご主人は「今俺要らないから、お前飲みたかったら飲んでも良いよ」なんてあっさり飲む事を断るでしょう。

要はタイミングの問題なのです。

ここはAB型のご主人が、コーヒーを飲みたい気分でなかったとしても「ありがとう、嬉しいよ」と言って一緒に飲めば済んだ話であり、O型の奥さんも一言「コーヒー入れるけど一緒にいかが」とご主人に質問すれば良かったのです。

自分のペースを貫きたいAB型男性と、相手を自分のペースに巻き込みたいO型女性の日常には、こうした小さなストレスが多く生じるでしょう。

適度なスキンシップは難しい

恋人としてお付き合いをしている時でも、なんとなく感じていた事かもしれませんがAB型男性とO型女性とでは相手に対するスキンシップの求め具合にかなりの差があります。

AB型男性は過剰なスキンシップを嫌います。

一方O型女性は常にスキンシップを求めています。

それは家の中でも外出先でも変わりませんので、例えば外でデートしている間でも腕を組みたがるO型女性と人前でそんな事をしたくないと思うAB型男性とでは、腕を組む事1つとっても喧嘩の原因になりえます。

結婚し、同じ家で過ごす事になってもAB型男性からのスキンシップは少ないので、O型女性にとっては物足りなさを感じてしまいます。

結婚したら常に一緒に仲良くスキンシップも取れるだろうと思っていたO型女性にとってAB型男性のそっけない態度は寂しさを覚えてしまいます。

一方で、結婚したらもう少し落ち着くだろうと思っていたAB型男性にとっても、O型女性のスキンシップの要求が減らない事に対してうんざりする気持ちがあるでしょう。

とはいえ、夜の生活においてはロマンチストなO型女性と、ロマンチックを好むAB型男性の相性はそれほど悪くありません。

昼間のすれ違いで微妙なムードになってしまった2人には、夜の生活はお互いの中を修復する為の貴重な時間と言って良いでしょう。

スポンサーリンク

共通の趣味はあえて妥協することも大切

多趣味なO型女性は何に対しても好奇心旺盛です。

一方クールで知的なAB型男性は、どちらかと言うとインドアタイプで1つの事に集中すると他の事を同時進行で行う事はあまりありません。

ですが、結婚後にはお互いの共通の趣味を持ちたいと考えるご夫婦も多いですよね。

そんな時には奥さんであるO型女性の一番やりたい事をAB型男性のご主人にすすめる事が一番手っ取り早い方法です。

AB型男性は、O型女性のおおらかで自由なところにとても関心を寄せていますし、O型女性が好きな事を楽しんでいる姿を見るのも大好きです。

ですから「一緒にやってみようよ、楽しいよ」と誘われたなら、AB型男性としては自分の好みでない事でもあえて妥協して同じ趣味を楽しむように努力するでしょう。

伸ばし伸ばされるパートナー

結婚するなら食の好みが合う相手と一緒になる方が、毎日の食事や旅先などでも会話が弾みますし何より美味しいものを食べて「美味しいね」とお互いに共感できるので長続きすると言われています。

その点AB型男性とO型女性の場合、色の好みは正反対。

ですから、結婚後には毎日の食卓で完成した料理に対して、それぞれ調味料を相手に断りもせずに足してしまって相手を怒らせてしまう事にもなりかねません。

結婚生活において小さなすれ違いが多い2人ですが、性格や考え方が正反対の2人だからこそお互いの長所や短所を発見しやすいというメリットがあります。

自分には無い相手の長所は褒める事でより伸ばされますし、短所に関しては全く違う視点から良くなるようにアドバイスされる事で改善されます。

お互いのアドバイスを素直に受け入れる事で、結婚生活のパートナーとしては自分自身を成長させてくれる最良のパートナーであると言えるでしょう。

お互いの歩み寄りが大切!

性格はあまりあわないかもしれませんが、だからこそ相手のことを知ろうと努力したり、歩み寄ることだってできますよね。

そうやって結婚生活を上手く続けていくことも可能なのです。

相性があまりよくないからと言って悲観的になるのではなく、努力で乗り越えてくださいね。