A型男性とB型女性の結婚生活は夫が大変になる!?ポイントはこの4つ!

結婚するということは基本的に毎日一緒に生活するということ。

普段恋人として付き合っている分には気にならなかったことも気になるものです。

結婚相手を選ぶときにはより慎重に相手を見極めなければなりません。

そこで今回は、A型男性とB型女性の結婚生活をシュミレーションしてみました。

スポンサーリンク

基本的にA型の夫がB型の妻のペースに合わせる

几帳面で神経質なA型男性と、おおらかでマイペースなB型女性が結婚した場合、基本的に、夫が妻のペースに合わせることになると考えていいでしょう。

正反対ともいえる性格なわけですが、マイペースなB型女性がA型の男性のペースに合わせるよりも、その逆の方が合わせやすいからです。

「自己中心的なところのあるB型女性よりも、協調性のあるA型男性が相手に合わせる方が無理がない」という言い方もできるでしょう。

ですから、いっしょにいる時間の過ごし方や、休日の過ごし方、結婚生活のあり方などは、夫が妻に合わせることが自然に多くなるのです。

少々無理して相手のペースに合わせるわけですから、A型男性の方が、どうしてもストレスを多く感じるようになります。

しかし、夫が少々ストレスを感じることはあっても、妻のペースに合わせたほうが、結婚関係はうまく行くと考えていいでしょう。

夫の家事負担が大きくなる可能性も…

共働きであれば、結婚後、夫婦で役割分担して家事を行うのが、現在ではふつうと考えていいでしょう。

それは、A型男性とB型男性が結婚した場合でも同様です。

ふたりで話し合って、お互いにできるだけ無理のない範囲で家事を分担するわけですが、A型男性とB型女性が結婚した場合は、夫の家事負担がどうしても大きくなるという傾向があります。

というのも、おおらかな性格のB型女性は、たとえば掃除や整理整頓などに関して、あまりまめにやらないという傾向があり、几帳面な性格のA型男性がそれを見過ごしにできなくなるからです。

妻の大ざっぱな掃除の仕方を見て、それを気に入らなく感じたA型男性は、「妻に文句を言うより、自分でやってしまった方が早い」と考え、家事を自ら行うわけです。

つまり、二人の性格の違いから、夫が分担する家事が自然に多くなるのが、A型男とB型女の結婚生活の傾向ということができるでしょう。

スポンサーリンク

家計管理を夫が行うようになるケースが多い

結婚後、家計の管理を奥さんに任せる男性が少なくありません。

A型男とB型女が結婚した場合でも、当初は妻が家計を管理するケースが多いと考えていいでしょう。

しかし、そのやり方がうまくいかないケースも少なくないのです。

B型女性には、ルーズでめんどくさがり屋なところがありますから、最初のうちは家計簿をつけて、それなりに家計管理をしていても、やがてそれがめんどくさくなり、ずぼらでルーズな管理になってしまうことがあるからです。

A型男性は、そうした妻のルーズさに耐えられません。

特にお金のことは、生活を成り立たせるベースであり、将来を考えれば、しっかり管理する必要があります。

計画性のあるA型男性は、将来のことも見すえた上で、「家計は自分が管理する」と申し出ることになるわけです。

めんどくさがりやのB型の奥さんは、二つ返事で「賛成」と答えるにちがいありません。

夫が落ち込んだときや人生の大きな選択は妻がサポート

B型の女性と結婚するA型男性のメリットもあります。

それは、「いざとなると、妻に精神的にサポートしてもらえる」ということです。

ふだんは夫が妻に合わせ、精神的、物理的負担を妻よりも多く感じますが、いざとなるとB型の妻は「頼れる存在」になってくれるのです。

神経質でマイナス思考になりやすいA型男性に対し、おおらかなB型の女性はものごとを前向きに考える傾向があります。

ですから、B型の女性は、夫が仕事のことなどで落ち込んでいる時に、持ち前のプラス思考で夫を明るく励ますことができます。

また、結婚生活を送るうちには、大きな人生の選択をすることも出てくるでしょう。

そんな時、大きな視点からテーマを捉え、すっぱり決断を下すことが、B型女性にはむりなくできるのです。

どうしても細かいことに目が行ってしまい、優柔不断になりがちなA型男性にとって、B型の奥さんは心強いパートナーと言っていいでしょう。

意外と楽しく過ごせるかも!

B型女性と結婚してうまくいくのか?と不安に思うかもしれませんが、奥さんに振り回されるのも意外と楽しいかもしれませんよ。

血液型よりも奥さんになる相手の性格をよく考えてみてください。

どんな結婚生活になるのかは、あなたたち次第なのです。