きちんと区別するべき?バレンタインに彼氏と友達に同じものをあげる場合の注意点とは?

バレンタインに手作りするにしろ、市販のものにしろ、たくさんの種類を準備するのは大変ですよね。

友チョコと本命チョコに差をつけるのも、本音では面倒に感じてしまうでしょう。

そもそも友チョコと本命チョコは区別しないといけないの?

また、同じものを渡すときの注意点についてご紹介します。

同じチョコはなるべくなら避けておくべき!

バレンタイン用の品として、時間がなくて大量に同じものを購入せざるを得なくなるというケースもあります。

また、どうしてもこれがいい!と感じた品物が一種類しか無かったという場合にも、彼氏と友達に渡す品が同じものになってしまうということもあります。

どのような事情があったとしても、どんな思いがあったとしても、そうしてしまうと客観的に見れば彼氏と友達を同格扱いしているように見えてしまいます。

これは彼氏との良好な関係を維持するためには決して健全と言える状況ではありません。

なるべくであれば、彼氏と友達に同じバレンタインプレゼントを渡すことは避け、少しでも良いので彼氏を特別扱いしているように見せられる品を購入してください。

彼氏と全く接点の無い友達なら問題は起こりにくい

バレンタイン用の同じプレゼントを渡す相手同士が、まったく接点のない関係性ということであれば、少なくとも問題には発展しにくくなります。

例えば彼氏が職場で出会った人物で、友達が学生時代に知り合った人物ということであれば、彼氏は友達のことを深く知りませんし、友達も彼氏のことを深く知りません。

連絡を取り合ったり、実際に会うことのない関係性ということであれば、同じプレゼントを贈ったということが彼氏にバレることがありません。

知らぬが仏という言葉がありますが、彼氏にバレさえしなければ、友達に対しての品と同じプレゼントを彼氏に贈ったとしても大きな問題にはなりません。

逆に言えば、彼氏との共通の友達に対しては、何があっても同じ品をプレゼントしてはいけません。