いつもの生チョコが大変身!簡単アレンジでワンランク上のバレンタインを目指そう!

生チョコはバレンタインの大定番ですよね。

作るのも簡単だし、トリュフみたいに丸める手間もいりません。

なのに高級感もあって、まさに女子の味方ともいえるバレンタインスイーツです。

でもいつもいつも同じチョコだと飽きてきますし、周りの女子とも被ってしまいますよね。

そこで今回は、生チョコアレンジをお教えします!

チョコレートでコーティングしてみよう!

バレンタインの定番手作りチョコレートスイーツの1つである生チョコ。

とても作り方もシンプルで失敗もしづらいのに美味しい!と、お菓子作り初心者にも大人気です。

でも、あまりにもシンプルすぎてちょっと味気ないかも・・・そんな時は、ひと手間かけていつもとは少し違う特別な生チョコを作りましょう。

最もお手軽なアレンジと言えば、チョコレートでのコーティングです。

コーティング用に湯煎をかけて溶かした板チョコを、型に沿って塗り込んでから先に冷蔵庫で固めてしまいます。

それとは別に生チョコを作り、固まったコーティングの上に入れ、更にそれごと固めていきます。

最後に残ったコーティング用チョコレートで、上から蓋をするように平坦に塗ってもう一度固めて、型から外せば完成です!

パキッとしたコーティングの中でほろりと溶けるガナッシュは美味しいだけではなく口当たりも楽しくて、彼氏も喜ぶこと間違いありません。

色や味をたくさん用意して豪華に仕上げよう

たかが生チョコ、されど生チョコ。

茶色いオーソドックスな生チョコも勿論良いですが、時には他の味・色の板チョコやデコレーション素材を使って見た目もキュートに仕上げてみましょう。

ベースとなる元の生チョコの素材は、茶色意外だとホワイトチョコやピンク色の苺の板チョコ、緑色の抹茶の板チョコあたりが手に入りやすいですね。

輸入のお菓子が充実しているお店だと、オレンジ色のマンゴー味やより暗い茶色のビターな味も見つかります。

そしてパウダーにもこだわってみましょう。

一般的なココアパウダーの他にホワイトココアは勿論、クラッシュストロベリーパウダーや砕いたアーモンド。

ココナッツパウダーや贅沢に金箔なども良いですね。

様々な色の組み合わせの生チョコをパッケージングすれば、見た目も味も様々で喜んでもらえることでしょう。

クッキーでサンドすると別のスイーツに変身!

バーチ・ディ・ダーマ(貴婦人のキス)という洒落たネーミングを持つスイーツをご存じでしょうか?