コレで絶対に伝わる!本命男子に想いを届けてくれるバレンタインスイーツ4選

バレンタインに手作りチョコを作って告白しようと考えているあなた。

義理チョコとは比べ物にならないくらい、すごいチョコを作りたいですよね。

でも、これは本命に違いない!と彼に思ってもらえるチョコってどんなチョコなんでしょうか?

今回は、本命といえばコレ!というスイーツを4つご紹介します。

スポンサーリンク

ケーキの王様!ガトーショコラ

本命と義理チョコの差はしっかり付けたいもの。

料理が苦手だからって簡単に作れるものをあげてしまうと、本命にも手抜きかと思われてしまいかねません。

簡単シンプルなトリュフや生チョコだと、本命だって思ってもらえないかも・・・

そんな人には、本命チョコレートの王道とも言えるガトーショコラに挑戦してみましょう!

一見難しそうに見えるガトーショコラですが、焼き加減にだけ注意すれば比較的初心者向けのケーキです。

ポイントはメレンゲを作る時にツノがピンと立って先っぽだけ軽く垂れる程度のやわらかさで混ぜるのをストップすること。

そしてそれを他の材料と混ぜ合わせる時に、切るようにサックリと混ぜ込んでいくことです。

その人気と知名度から、簡単な作り方も数多く紹介されているチョコレートケーキの王様、ガトーショコラ。

しっとり&ほろ甘を目指して、愛をこめて混ぜてあげてくださいね。

作って乗せよう!チョコレートのお花

当たり障りなく美味しく出来上がったトリュフやケーキ、でも見栄えがちょっと地味・・・。

特別美味しく作れるほどの技術もないし、このままあげてもインパクトに欠けてしまうそうで不安!

そんな人には、誰でも簡単に作れる「チョコレートのお花」を上に被せてデコレーションしちゃいましょう。

まずは市販の板チョコを湯煎でテンパリングして、細口金を付けた絞り袋に流し入れます。

そしてオーブンシートの上に、大きいものと小さいものの2種類をしずく型(U字の上が繋がっているような形)にしぼり出します。

あとはそのまま形を壊さないように気を付けながら30分ほど冷蔵庫で固めたら、接着剤替わりに溶かしたチョコレートを使ってお花のように放射線状にくっつけていきます。

大小を重ねるように付けると立体感も出てとても可愛いです。

こうしてできたチョコレートのお花を、スイーツの上にちょこんと乗せるだけで・・・まるでお店に並んでいるようなヴィジュアルになります。

スポンサーリンク

見るからに本命!ピンクの生チョコプリン

チョコレートのスイーツは、色が茶色いものが多いのでどうしても見た目のインパクトが薄くなりがち。

渡したチョコが本命だと伝わるためには、明るく可愛らしいピンクの見た目&明らかに手間がかかりそうなスイーツであれば充分でしょう。

その両方の願いを叶えてくれるメニュー・・・それは「苺の生チョコプリン」!

お鍋に苺110gと砂糖8gを加え、中火で約半量になるまで煮たら底を氷水で冷やしておき、別のボールにホワイト板チョコ2枚を湯煎で溶かします。

50gの牛乳を沸騰直前まで温め、粉ゼラチン2gを大匙1の水で混ぜたものを加えて溶かします。

その牛乳を溶かしたホワイトチョコに入れたら泡立て器で混ぜ合わせたら、生クリーム50gと練乳10gを泡立てたものを加えて更に混ぜ合わせます。

そこに最初に煮た苺を加えて混ぜ合わせたものを、カップに注いで冷蔵庫で1時間ほど冷したら完成です!

お好みで上に生苺やホイップクリームを乗せると女子力が上がります。

少し手間はかかりますが、見るからに本命だと一目で分かる生チョコプリン。

腕に少し自信のある人は、是非チャレンジしてみてくださいね。

チョコレートじゃ物足りない!しっとりマカロン

外はさっくり、中はしっとり。

そんな売り物のようなマカロンをプレゼントされたら、一目置かれること間違いありませんね。

作り方は思いのほか簡単なので、1歩リードしたい人はこの機会に作ってみましょう。

卵1個分の卵白と15gのグラニュー糖でメレンゲを作ったら、40gのアーモンドパウダーと65gの粉糖を振るって入れていきます。

だいたい3回ほどに分け入れながら、すくうとトロリとリボン状に落ちるまで混ぜ込んでいきます。

それをクッキングシートの上に直径4cmに絞り出していき、1時間ほど乾かしたら170℃のオーブンで3分焼き上げます。

そして120℃で12分、もう一度焼くのですがこの時に焦げたりしないよう様子を見ながら焼きましょう。

焼きあがったものに好きなクリームや溶かしたチョコなどを挟めば完成です。

ポイントは、乾燥させすぎないことと、混ぜすぎないこと。

これさえ守れば、お店のようなマカロンがお家でも簡単に作れます。

可愛くリボンでラッピングすれば見た目もとってもキュート!

他の子と差をつけて、本命の相手にアピールしましょう。

愛情を込めて作ろう

本命男子には、しっかりと時間をかけてバレンタインチョコを作りたいですよね。

事前に1度練習しておくことで、本番直前になって慌てることもなくなりますよ。

あなたの愛情をしっかりとスイーツに託して、告白頑張ってくださいね。