後日渡しても大丈夫?彼氏がバレンタインに風邪を引いたときのチョコの行方はどうしよう?

バレンタインに向けて手作りチョコを準備したのに、当日になって風邪を引いてしまった彼氏。

手作りチョコですから、傷みにくい場合だってありますよね。

後日渡しても大丈夫なのかな?と疑問に思うかもしれません。

そこで今回は、当日渡せなかったチョコをどうすればいいかご紹介します。

腐りにくいチョコなら後日渡しても大丈夫

せっかく手間と愛情を込めて作った彼氏へのバレンタインチョコですから、できるだけそのままの品質を維持し、後日渡してあげて構いません。

彼氏の風邪が治った後に、「ちょっと遅れちゃったけど」と言って予定通りにバレンタインチョコを渡してあげましょう。

ただし、それは数週間以上保管していたとしても腐らないチョコに限ります。

しっかりと固まった状態のチョコであれば溶けない限りは保管しておけますし、ブラウニーやチョコクッキーも一週間程度までならば賞味期限の範囲内です。

反対に生チョコやチョコケーキ、トリュフチョコなどは品質を落としやすく、風邪が治りかけで抵抗力の少ない彼氏の体を傷めてしまう恐れがあり、後日私はおすすめしません。

すぐに品質が落ちるチョコなら食べてしまう

数日保管しただけでも品質を落としてしまう恐れのあるチョコは、食べて消費してしまうことが一番です。

彼氏に作ったチョコなので勿体ないという気持ちはあると思いますが、風邪という事情ですから仕方がありません。

仮に冷蔵庫に入れて保管しておいても、繊細なチョコはどんどん品質を落としてすぐに腐ってしまいますから、ここはすっぱりと諦めることが重要です。

早めに消費しなければならないチョコレートかどうかは、生クリームや果物が入っているかどうかという基準で簡単に見分けることができます。

具体的には、チョコケーキや生チョコ、トリュフチョコといったお菓子は非常に腐りやすく、作ってから2~3日以内には消費する必要があります。