まだ食べてないの!?彼氏がバレンタインチョコを食べてくれない理由は何?

ふとしたきっかけで、実は自分があげたバレンタインチョコを食べてくれていなかったことが判明することもあります。

例えば冷蔵庫にチョコが入りっぱなしだったり、感想を聞いても答えてくれなかったり。

あるいは友達経由にその事実を聞いてショックを受けてしまうという方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、彼氏がバレンタインチョコを食べてくれない理由をご紹介します。

バレンタインチョコが苦手な場合が多い

特に付き合いたての場合だったり、初めて迎えるバレンタインデーだった場合には、彼氏の好みについて深く理解し切れていない場合があります。

二人の仲が良好であるにも関わらず、バレンラインチョコを彼氏が食べてくれないのだとしたら、それは彼氏がチョコを苦手としているからである可能性が最も高いでしょう。

「一口くらい食べてくれたっていいでしょう」と思うかもしれませんが、甘いものが苦手な男性は例え一口でもチョコを食べることが苦痛な場合があります。

スポーツなどをしている場合には、食べたくても食べられないということもあるでしょう。

「せっかくのプレゼントだから、チョコは食べられないって言いにくいな」と心で思っている男性も多いので、「チョコ苦手だった?」と聞いてあげても良いですね。

食べるのが勿体ないのかもしれない

意外と多いケースなのが、彼氏がチョコを食べることを勿体ないと感じて、なかなか食べてくれないというものです。

特に手作りのバレンタインチョコだった場合にはその傾向が強まり、食べたいと思っているけれど形を崩したくないと思い、手を付けようとしない男性が多く存在します。

チョコをプレゼントした際に、とても嬉しそうにしていたり、ニコニコしながらスマホなどでチョコの写真を撮ったりはしていなかったでしょうか。

そういった行動を取っているにも関わらず、彼氏がチョコを食べてくれないのであれば、このケースが理由となっている可能性が非常に高くなります。

「この程度のものならまたいつでも作ってあげるから」と優しく伝えれば、彼氏はきっと喜んで食べてくれます。