本命彼女の格を見せ付けろ!彼氏へのバレンタインチョコにおすすめの包装とは?

付き合っている彼氏がモテモテで、私という存在がありながらも別の女の子からチョコをもらってくる…

そんなときは、本命彼女の意地をかけて、チョコで勝負してやりましょう!

彼氏へのバレンタインチョコにぴったりの包装の仕方をお教えします。

やっぱり俺の彼女が一番センスあるな、と思ってもらえるように頑張ってみませんか?

見た目が可愛いお菓子なら見せる包装

デコレーションが可愛らしいチョコレートや断面がとってもおしゃれなパウンドケーキなどは包装して隠してしまうともったいないですので、見せる包装がおすすめですよ。

外から美味しそうなデコレーションや断面が見える事で、彼氏のバレンタインプレゼントに対するわくわく感がよりいっそう高まります。

全部隠してしまう包装よりも、少しだけ中のお菓子が見えた方が安心感もありますし、楽しみもありますよね。

お菓子自体がカラフルなものならば包装は落ち着いた感じでシンプルにまとめるのが良いですよ。

その方がお菓子の可愛らしさや美味しさが引き立ちます。

生チョコやトリュフチョコなどは派手さ自体は少ないものの、チョコの質感を見せる事で期待も更に高まります。

全面を全て見せるのではなく少しだけ見せる包装にしておしゃれ感をアップさせましょう。

一度にたくさん渡すなら個別包装

欲張りな彼氏なら、バレンタインも色んなチョコを1度に食べたいと思うかもしれませんね。

そんな時には沢山のチョコを1つの箱にまとめて入れてしまうよりも、個別で包装することによってより可愛らしいチョコに見えますよ。

個別に包装する時も、同じ包装紙やリボンを使うのではなくて種類ごとに異なる包装を施すと選ぶ楽しみも増えますよ。

一口サイズのチョコならば箱の中にバラバラと無造作に入れてしまっても可愛らしいですが、少し大きなチョコであればリボンの向きをそろえたり、開け口を上に向けて入れるようにするなど統一感を持たせた方が見栄えは良くなります。

せっかくのバレンタインですから、1つ1つ選ぶ楽しみや開ける楽しみを彼氏に味わって欲しいですね。

ホールケーキはもちろん箱入り

チョコレートケーキが大好きな彼氏には手作りのガトーショコラやチーズケーキ、パウンドケーキなどをプレゼントされる方もいるでしょう。