高校生彼氏に贈るバレンタイン!チョコの予算ってどのくらいにするべきなの?

彼氏へのバレンタインに市販のチョコを考えている場合、予算って気になるところですよね。

高校生だからあまりお小遣いも出せないし、かといってせっかくのバレンタインなのにケチるのもちょっと…

でも高すぎたらホワイトデーが大変?など色々と考えてしまうと思います。

今回は、そんなあなたのために、高校生彼氏におすすめのバレンタインチョコの予算をご紹介します。

スポンサーリンク

付き合って間もない彼なら1,000円以下

バレンタイン前に付き合い始めたというような、付き合い始めてまだ間もないカップルの場合はプレゼントするチョコレートの相場は大体1,000円以下でしょう。

市販のチョコレートはワンコインくらいのお値段であってもとても可愛らしいパッケージだったり、おしゃれなデザインのものが多いです。

お付き合いしてまだお互いの事をあまり知らない状態のカップルであれば、初めて2人で迎えるバレンタインという事になるでしょう。

そんな2人のバレンタインはチョコレートがメインと言うよりも、2人で過ごすという事がメインになると思います。

1,000円以下のチョコレートなら、緊張せずに渡せますし彼氏にとっても今後のバレンタインにもっと期待をすることが出来ますよ。

気心知れた彼氏ならば2,000円以下

市販のチョコレートって毎年パッケージも味も変化があって、売り場を見に行くだけでも楽しいものですが本命用のチョコレートとなると相場は2,000円くらいですね。

彼氏が高校生という事で、高級なチョコレートは少し背伸びした感じです。

高級チョコレートでも3,000円くらいの相場でかなり選ぶことが出来ますので、そちらは大学生や社会人になってからプレゼントする事を楽しみに取っておきましょう。

学生のバレンタインデーは社会人以上に数多くのチョコレートを必要としますよね。

大好きな本命彼氏に贈るチョコレートはもちろん手抜きせず選びたいものですが、家族チョコや友チョコ、義理チョコなどを用意することを考えたら2,000円くらいで抑えたいというのが本音です。

家族チョコや友チョコ、義理チョコなどは手作りすれば1人あたりの価格はかなりお安くなります。

その分彼氏のチョコレートに予算を回したいものですね。

スポンサーリンク

プレゼントと合わせるなら数百円でもOK

バレンタインにはチョコレートだけでなくプレゼントも一緒に彼氏に贈りたいという方も多いですよね。

最近は市販のチョコレートでも、ちょっとしたアイテムとセットで売られているものもあります。

プレゼントに重きを置いて選ぶのならば、チョコレートの相場は数百円でも十分です。

甘いものがあまり得意でない男子も多いですから、むしろそのくらいのボリュームの方が喜ばれる可能性が高いですよ。

数百円のチョコレートの場合、バラエティ色の強いものが多いですから、そういった感じが好きな彼氏にはバラ売りのものを組み合わせて選んでも良いですね。

チョコレートのお値段を抑える場合には、プレゼント選びは慎重に行いたいですよね。

学生向けのプレゼントで人気なのはいつも身につけてもらえるマフラーだとかスマホ対応の手袋などですよ。

そういったアイテムメインでチョコレートを添えてプレゼントするのも高校生らしくて良いですね。

特別なバレンタインならば5,000円以下

彼氏が高校生であって、もしも受験を控えた3年生であれば高校生活最後のバレンタインという事になりますね。

進路が決まっている彼氏ならば卒業後は遠く遠距離になることがわかっていたり、地元であっても別々の大学へ進学したり、就職先が違ったりすればなかなか会えなくなりますよね。

あなたと彼氏の年齢が離れている場合は、余計に会いづらくなるかも知れません。

そんな彼氏に贈る特別なバレンタインには5,000円以下の相場でチョコレートを選びましょう。

価格設定は高めですが、幅広い商品の中から本当に食べて欲しいチョコレートを選ぶことが出来ますよ。

1つだけに限らず、迷っているものがあれば2種類以上買ってみて食べ比べてみるのもありですね。

少しくらいの上下は大丈夫!

予算が決まらない!という場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

でも、たとえ予算が少し上下したって大丈夫です。

どんなチョコをあげたいのか、どんなバレンタインにしたいのかを考えてチョコを選ぶのが良いかもしれません。