ただ渡すだけじゃつまんない!いつもと違うバレンタインチョコの渡し方とは?

バレンタインチョコはもらえるだけでも彼氏にとってはきっと嬉しいでしょうが、そこにサプライズもあったらもっと喜んでもらえるに決まっています。

特に付き合って2回目、3回目のバレンタインは、なんだか飽きてくるものですよね。

ただただ渡すだけだったらいつもと同じ。

今回のバレンタインは彼氏をびっくりさせてみませんか?

スポンサーリンク

とりあえず直接手渡しはやめよう!

今度のバレンタインはいつもとはちょっと違う渡し方で、チョコレートの直接渡しはやめましょう。

毎年彼氏の目の前でかわいらしく「はい、これバレンタインのチョコレート」なんて渡していたという方は郵送での渡し方にチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

あらかじめバレンタインデー当日に彼氏と一緒に過ごすという事を確認しておいて下さいね。

そして家にいる時間帯もしっかりチェックしておきましょう。

郵送するのは自分で手作りしたチョコレートでも、市販のチョコレートでも大丈夫。

手作りしたチョコレートの場合は衛生面と形が崩れないような工夫をしっかりして下さいね。

クール便でバレンタイン当日に彼氏の家に届くように日時を指定して送りましょう。

その時に、チョコレートと一緒に手紙や他のプレゼントも入れておくと開けた時により彼氏の喜ぶ顔が見られると思います。

箱を開ける時のドキドキ感があるのも、郵送での渡し方の醍醐味ですよ。

食事に出かけて自分も美味しいバレンタイン

バレンタインには彼氏と一緒に食事に出かけるという方も多い事でしょう。

そんなあなたにぴったりなバレンタインのチョコレートの渡し方が、食事の席でチョコレートをテーブルまで持ってきてもらうという渡し方です。

ディナーを食べに行くとすると、コースの中にデザートとしてチョコレートも含まれているかもしれませんが出来ればそのデザートよりも先に自分で用意しておいたバレンタインのチョコレートをお店の方にテーブルまで運んできてもらいましょう。

彼氏はきっと、今年のバレンタインはもしかしたらチョコレートもらえないのかな、なんて食事の最中に考えているかもしれません。

そんな時に、食事の最後に彼女の用意したチョコレートが出されたら、ちょっとしたサプライズにもなりますよね。

お店の方の協力が不可欠ですので、事前に電話などで協力が可能かどうか確認しておいて下さいね。

スポンサーリンク

童心に返って宝探しをしてみよう!

子供の頃にこんな宝探しゲームをした事はありませんか。

まずは1枚の紙に「宝物を見つけたければあの引き出しをあけて」そしてその指示通りに進んでいくとまた次の指示が書かれた紙が引き出しの中に入っています。

何箇所か指示通りに探し当てていくと、ようやく最後に探していたお宝が見つかるというゲームです。

例えばそれを彼氏の家でやってみるのはいかがでしょうか。

もちろん、最後に出てくる宝物はバレンタインのチョコレートです。

いつもと同じチョコレートの渡し方に飽きてしまったというあなたにはとても遊び心があって楽しい渡し方ですよ。

ただ、この渡し方をする為には彼氏の家にあらかじめ指示の書かれた紙を隠しておく必要があります。

意外性でいうと彼氏の家で探す方が楽しいのですが、どうしても事前に準備するのが難しそうだと言う場合にはあなたのお家でスタンバイして下さいね。

バレンタインチョコ実況中継プレゼント

毎年バレンタインには手作りのチョコレートや市販のチョコレートを綺麗にラッピングして渡しているというあなた。

今度のバレンタインでーには、渡し方にも変化をつけて、渡す前から実況中継してみてはいかがでしょうか。

手作りのチョコレートをプレゼントする予定の方は、ある程度チョコレート作りの工程が進んだところからスマホなどでテレビ電話のように、モニターを通して彼氏に手作りしているところを見てもらいましょう。

市販のチョコレートをプレゼントする予定の方は、中身が見えないようにある程度ラッピングしたものを用意して、メッセージカードを書いているところなどを実況中継しながら「これから渡しに行くよ、待っててね」なんて期待を持たせるのも良いですね。

リアルタイムでの実況中継が難しい方は、そこまでの流れを録画しておき、彼氏と一緒に動画を見終わってからその場で「はい、どうぞ」とチョコレートを渡すのも良いですね。

どんな風に用意してくれたのかが彼氏にも伝わって、より幸せなバレンタインになるでしょう。

マンネリ化防止に効果的!

付き合って数年経つとお互いに慣れてしまって、プレゼントのありがたみも少なくなるものです。

だだらこそ、ちょっとしたサプライズはマンネリ化防止にも効果的ですよ。

これからも彼氏と仲良く付き合うために、ちょっとだけ渡し方を変えてみましょう。