忙しい彼氏とのバレンタインはどう過ごす?愛され彼女がやっている事をご紹介!

2017年のバレンタインは平日です。

いつも残業で平日は会えないという彼もいるでしょうし、サービス業はむしろバレンタイン当日が忙しいということだってありますよね。

そんな多忙な彼氏にいつまでも愛されるためには、バレンタインをどう過ごせば良いのでしょうか?

今回は、愛され彼女がバレンタインにやっていることをご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインデートを別の日に設定する

バレンタインに彼氏が忙しいときの対処法として、別の日に設定する、ということが挙げられます。

彼氏が忙しいのにバレンタインという日にこだわりすぎて、お互い嫌な気持ちになるのは良くありません。

日にちにこだわるより、二人が楽しく過ごせることの方が大切なのです。

女性はイベントごとが好きなので、何とかしたい気持ちはありますが、そこで一歩引いてみても素敵な女性になれることでしょう。

あまりわがままを言わない、控えめな女性を男性はありがたいと思うときがあります。

自分の気持ちのみを押し通しすぎて嫌われてしまう前に、彼氏の気持ちや状況を考えることができるような思いやりのある女性になれると、きっとカップルは長続きします。

バレンタインチョコを自宅に郵送する

バレンタインに彼氏が忙しい時の対処法として、自宅に送るという方法があります。

実際その日に渡すだけならよいのですが会って話すまでの時間がなかったり、会ってもすぐに別れてしまうと、逆に彼氏は時間が取れなかったことに申し訳なく思うはずです。

ですから、そこは女性側もグッと気持ちを抑えて、チョコレートを自宅に送ってみてもよいかもしれません。

これなら気持ちは届きますし、チョコレートも一緒に届けることができます。

仕事で遅くなっても不在連絡票が彼女から来ていることで、この日に届けたい気持ちがあったことは伝わりますし、自分のペースで彼氏は受け取ることができますのでよいです。

すこし時間がたったあと、ありがとうのメールが届くかもしれませんが、時間の差異は許しましょう。

スポンサーリンク

メッセージカードを贈って気持ちを伝える

バレンタインに彼氏が忙しい場合は、メッセージカードを贈ってもよいかもしれません。

自宅に郵送してもよいですし、日にち限定で開けてほしいことを伝えて、事前に渡すのもひとつの方法です。

手紙を書くと思わず長くなってしまって読むのが面倒になってしまったり、自分も返事を書かないといけないかなと思って、忙しい彼を余計に追い詰めることになります。

気持ちはうれしいのですが時間のなさがそうさせてしまうのです。

メッセージカードやバレンタイン用のカードに感謝の気持ちを書くなど読みやすい短いメッセージを書いておくと、彼氏も受け取りやすいです。

豪華でかわいらしいものを渡すと、プレゼント感も増しますし、郵便ですのでその日に受け取ってもらえるはずです。

普段通りに過ごしてバレンタインは気にしない

バレンタインに彼氏が忙しい時は、忙しいの度合いによるのですが、普段通りに過ごすということが挙げられます。

本当に忙しい時は、彼女の相手をする余裕もないですし、メールの返事もできればしたくありません。

ホワイトデーのころにも落ち着くとも限らないですし、プレゼントを受け取ることさえ避けておきたい気持ちがある可能性もあります。

本当に忙しい彼氏には負担になるようなことはできれば避けておきたいです。

ですから普段通りにメールしたり、バレンタインの話題に触れるか触れないか、も微妙なところです。

ただ何もできないけれど気にしているときもありますので、日ごろの感謝や好きな気持ちを込めたメールを送っておくと、彼氏もほっこりした気持ちになるかもしれないです。

彼氏だって我慢している!

バレンタインなのに何で会ってくれないの!?と彼氏を困らせてしまうのはおすすめしません。

彼氏だってきっとあなたに会いたいと思っているのに、それを我慢しているのです。

寂しい気持ちを伝えるのは大丈夫ですが、そのせいで彼氏を困らせることのないように注意した方が、これからもずっと仲良く付き合っていくことができますよ。