むしろ渡さない方がいい!?チョコが苦手な彼氏とのバレンタインの過ごし方は?

彼氏がチョコが苦手な様子。

じゃあバレンタインは何もしない方がいいのかな?と思ってしまいますが、それもなんだか空しいですよね。

カップルであふれているこの時期。

チョコが苦手な彼氏とはどうやってバレンタインを過ごせばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

チョコが欲しいかどうか聞いてみてから判断

バレンタインにチョコレートが苦手な彼氏にバレンタインを渡さなくていいかは、彼氏に聞いてみるのが一番です。

いくら女性が渡したいと思っていても、男性が楽しめないでいるのなら、いろいろと手間をかけても面倒になってしまうだけです。

一般的にバレンタインにプレゼントしてホワイトデーで返すという習慣はありますが、それをどうしてもしなればいけないというわけではありません。

カップルでお互いが納得していれば、それで成立しているといえます。

ただ、バレンタインの後女性同士で会話をしていてやっぱりうらやましいとか、やっぱり交換したらよかったと思うこともありますので、よく考えをすり合わせておくことも大切です。

二人の気持ちが合っていれば問題ないことといえます。

チョコ以外のものを渡してお祝いしよう

バレンタインにチョコレートが苦手な彼氏に渡さないでいいかは、チョコレート以外を渡すことで解消できることもあります。

チョコレートがダメならそれ以外の甘いもの、甘いものがダメなら他のお菓子、食べるものでなくても実用的なプレゼントをしてチョコレート以外のものを渡すことだってできます。

バレンタインの日にプレゼントを贈って、ホワイトデーにお返しがもらえる、いわゆるプレゼント交換ですのでその贈る商品の内容まではこだわらなくてもよいとの発想です。

なんとなくプレゼントが無くなるということ自体が寂しくなることもあります。

この方法なら、彼氏に苦手なものを渡して迷惑をかけるのではなく、プレゼントを渡すという意味でバレンタインを楽しむことができます。

スポンサーリンク

旅行などに行って思いでを作ろう

バレンタインにチョコレートが苦手な彼氏に渡さないかどうかについて、プレゼントの交換はやめておいて、その日を楽しい日として一緒に過ごすということに考えを変えていってもよいかもしれません。

一緒に過ごすこと、楽しい時間でいられる日をバレンタインにするために、旅行などに行って思い出を作ってもよいです。

チョコレートを渡すだけが楽しいことではないです。

その日が思いっきり楽しい日になれば、それは思い出として残って、これでよかったと心から思えるはずです。

二人が楽しく過ごせることが一番大切ですので、お互いが無理しない程度でバレンタインを楽しみましょう。

カップルそれぞれのやり方があってよいし、本人たちが良ければよいのです。

料理やお弁当を一生懸命作ってあげよう

バレンタインにチョコレートが苦手な彼氏に渡さないことについて、女性から日ごろの感謝を込めたり尽くしたい気持ちを込めて、料理やお弁当を作ってもよいかもしれません。

一人暮らししているのならぜひ招待したり、彼氏が一人暮らししているのならぜひ料理を作ってみましょう。

またお互い実家暮らしなら、見た目が華やかなかわいらしいお弁当を作って、一緒に食べてもよいです。

料理好きな女性は男性からも好感度が高く、嫌になる要素が少ないです。

バレンタインは女性から気持ちをつたえたり行動を起こしてもよいですので、彼氏に手作りの料理をプレゼントしてもよいでしょう。

彼氏も本当にうれしい気持ちがあるのなら、多少おいしくなくても作ってくれたことに感謝する気持ちになります。

バレンタインを楽しもう!

バレンタインだからと言って、チョコにこだわる必要はありません。

カップルの数だけバレンタインの過ごし方があってもいいと思います。

しかも彼氏にとっては自分のためだけの特別なバレンタインプランですから、きっと喜んでくれること間違いなしですよ。