忘年会で女性と抜けだしたい!脈アリ確認7つのシグナル

年末が近づいてきて、楽しい忘年会のシーズンがやってきました。

仕事関係の人と忘年会をやったり、大学仲間で忘年会をやったり、地元の仲間と忘年会をやったり・・・

とにかくお酒が入るシーズンなのですが、この時期の女の子は狙いどきです。

寒い冬の時期やクリスマス前ということもあり、女性もデートをして男性からのぬくもりを受けたいと思っています。

お酒も入るので誘いやすいですしね。

そこで、今回は忘年会で女性を誘い出すときに見ておきたい、誘ってOKの7つのシグナルを紹介していきます。

1.料理の取り分けを率先してする

男性でも女性でも、気が効く人やマメな人はモテると言われていますが、忘年会などのお酒の席でサラダや料理なんかを取り分けたりするのはもはや定番中の定番ですね。

モテたいと思っていたり、男性にアピりたい女の子はこういった気が利く女を演出しますが、実はこれ、”モテたい”という意思表示のあらわれなのです。

料理を取り分けることによってチヤホヤされたり、優しい、気が利く、こういった評価が周りからくだされ、男性からのイメージアップすることが女性も分かっています。

なので、積極的に料理を取り分けたりするという行為は、男性から褒められたいというシグナルなのです。

2.ドリンクのオーダーをこまめに聞いてくる

これも料理を取り分けるのと一緒なのですが、相手のドリンクの様子をこまめにチェックして、残りが少なくなってきたら率先して「飲み物どうしますか?」と聞いてくる女の子。

この場合も他人の目を気にしての気遣いですので、自分の評価を気にしたり、気が効くと思われたいという心理が背景にあります。

ただ、相手が酒豪で周りのお酒のペースが遅い場合、これは単に自分が飲み過ぎで気を使っているパターンですので、相手の飲むペースをみつつ、ドリンクのオーダーを伺っているのかチェックしてみましょう。

3.空いたお皿の片付けを率先してやる

食べ終わったお皿や、飲み終わったグラスなど、テーブルを塞ぐ余計なものを片付けてくれる女の子は非常に助かります。

これも料理の取り分けやドリンクの様子を伺うといったシグナルと同じで、男性に好印象を与えたいからといった心理の背景があります。

きれい好きという印象もつくので、女らしさをも強烈にアピールすることができます。

ただし、神経質な人だったり、きれい好きな人だったりした場合、空いた食器にやたらと敏感だったりするので、その辺りもある程度観察して見定める必要があります。

これを見極めるポイントとしては、上記のタイプの人は、誰かが話しているときなど、周りの空気関係なしにせっせと片付けを始めます。

一方、評価を気にしているタイプの場合は、話しが盛り上がっている場面では皿を下げるといったことはせず、キョロキョロと場の雰囲気を確認してからこういった事をするので見てればわかります。

4.1人のときにスマホをいじっていて、話すときはいじらない

女の子は男性以上にスマホをピコピコいじっているものですが、飲み会の席でもよくよくスマホをいじっている光景をみかけます。

忘年会では大勢での飲み会になりやすく、いろんなグループができて会話が始まったりするのですが、タイミングによってはたまに1人ぼっちの状態になってしまいます。

一緒の席には座っているんだけど、会話に参加できない。みたいな感じです。

こういった時は女の子は心のなかで「つまんないな~」と思っているので、絶好の狙いどきです。

女の子はつまんないときはスマホを出して無駄に忙しそうに見せるのが得意なので、このタイミングでは、相手を気にかけるような感じで絶対に声をかけておきましょう。

もし本当につまんなくしていたなら、スマホをしまっておしゃべりに戻ります。

こうなれば、かなり脈ありのシグナルになります。

逆に、話しかけても構わずスマホをいじっている場合は、本当に用事がある、もしくはあなたに興味がない場合があるので、声をかけてから1分くらい待って見定めましょう。

5.いつもと違う名前の呼び方をしてくる

例えば、普段は会社などでは苗字で「さん付け」だったりしたのが、忘年会で突然、下の名前を呼ばれたりしたら、脈あり度高いです。

これは、お互いの距離を縮めようとしているので、女性はもっと親密になりたいと思っているサインになります。

なかなか名前の呼び方を突然変えてくるという人はあまりいないですが、冗談めいた感じだったり、あなたの名前に関する話題になったときも同様で、女性はもっと親密になりたいと思っています。

呼び方を突然変えられてびっくりしたときの返しですが「突然呼び方変えて、誘ってんのか!」と冗談交じりに返して、女性の反応を見てみます。

これをやると、この後本当に誘ってOKがもらえるかどうか一発でわかるので、何か普段と違うよう感覚がしたら、こういった切り返しを使ってみてください。

6.自分の好みを覚えていてくれる

自分が過去に話した好物の話だったり、いつも飲んでいるお酒などの情報を相手が覚えていれば、これも脈ありのシグナルとなります。

女性は男性と違っていろんな男から言い寄られますから、いちいちつまらない男の事は覚えてなどいません。

ですが、こういった好みの話しを覚えているとなると、少なからず興味があることがわかります。

また、「◯◯くん、これ好きだったよね」と、こうした話題を向こうからふってきた場合は、さらに脈あり度が高いです。

7.忘年会をほどほどに楽しんでいる

これも結構重要なポイントで、つまんないと思っている女の子をいきなり誘って乗り気にさせることは難しく、楽しいと思っている状態で誘えるのが一番理想的です。

忘年会であれば基本は楽しいムードになっているはずなので、この点はわりと簡単にクリアできると思います。

最初はつまんなさそうにしていた女の子でも、一緒にお酒を飲みながらしばらくしゃべっていれば、次第に周りの騒がしい雰囲気にも押されてテンション上がっていきます。

要注意なのが、テンション上がりすぎて、ずっとみんなでいたいと思っている女子です。

こうなってしまうと誘ったところでなかなか2人で抜け出すのは難しくなるので大変です。

また、羽目を外しすぎな女子の場合も、仮に誘うことに成功したとしても、ひどく酔っ払ってその後何にもなんなかったということもありますので、ほどほどに楽しんでいるくらいの女の子の方が、男性側にとっても嬉しいです。

狙っている女の子がいた場合、忘年会の最中からその女の子の近くにポジション取りするようにして、忘年会の途中でこっそり誘ってみましょう。

上手く行けば、忘年会の解散後に2人きりになれますし、あわよくば途中で抜けだしてしまうなんてことにもなるかもしれません。

忘年会で女の子を誘って抜け出したい場合は、この7つのシグナルをチェックしてみてくださいね。