バレンタインに彼氏に振られたら復縁は無理?2つのケースとおすすめの対処法とは?

せっかくのバレンタイン。

彼氏のためにチョコを準備していたのに、受け取ってくれないどころかそのまま別れ話になってしまった…!

もう復縁は無理なの?

今回は、あなたたちカップルの別れたケース別に復縁の方法をご紹介します。

彼氏の一時の感情で振られた場合は復縁の可能性は低くない

バレンタインに彼氏に振られた場合、2つのケースが考えられるでしょう。

1つ目のケースは、彼氏の一時的な感情によって振られたというケース。

たとえば、バレンタインの日に彼氏とデートしている最中に、彼氏を怒らせるようなことをしてしまい、怒った彼氏から別れを告げられるといったケースです。

あるいは、「バレンタインに仕事が入っている彼氏に、デートを強要したため怒らせてしまい、振られた」ということもあるでしょう。

いずれにしても、バレンタインの前日までは悪くない関係だったのが、その当日に二人の間にトラブルが起きて、別れることになったわけです。

このケースでは、彼氏は一時的な感情から別れを言い出したわけですから、復縁できる可能性はけっして小さくありません。

一時の感情に任せてあなたを振った彼氏が、別れてから後悔し、復縁を望むようになることもじゅうぶんありえるのです。

ですから、このケースでは最初から復縁を諦めてしまう必要なないでしょう。

彼氏が前々から別れを考えていた場合でも復縁の可能性はゼロではない

もう1つのケースは、彼氏が前々から別れを考えていたというケースです。

他の女性に気持ちが移ったり、関係がマンネリになって飽きてしまったりして、「もう交際を続けたくない」と考えていた彼氏が、バレンタインというタイミングで別れを切り出すということもありえます。

このケースは、前項のケースに比べれば、復縁できる可能性は少ないと考えたほうがいいでしょう。

別れたいという気持ちを持っている男性が、わざわざバレンタインデーに別れを切り出すというのは、かなり強い意志があると考えられるからです。

「キッパリ別れたいから、あえてバレンタインを選ぶ」という心理を彼氏が持っていることが想定されるわけです。

そんな決意を持っている彼氏と復縁することはかんたんではありません。

しかし、「別れてみたら、振った彼女の良さや魅力がわかってきた」ということもありえるでしょう。

ですから、バレンタインに彼氏に振られても、別れてから彼氏の気持ちが変化する可能性はゼロではありません。

自分の気持ちを伝えた上でいったん別れを受け入れる

では、復縁の可能性を高めるにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、押さえておくべきなのは、自分は別れたくないという気持ちをしっかり伝えた上で、いったん、別れを受け入れることです。