女子はココに気をつけて!男子が手作りバレンタインチョコを捨てる瞬間4選

手作りチョコを作る女性は多いですが、実はそのチョコ、残念なことに食べられていないかもしれません。

意外と多くの男性が、手作りチョコを食べずに捨てているのです。

でもせっかく作ったのに、そんな仕打ちは受けたくないですよね。

そこで今回は、きちんと男性に食べてもらうためにはどんなことに気をつければ良いか知っておきましょう。

男子がチョコを捨てる4つの瞬間をご紹介します。

スポンサーリンク

指紋がベッタリついたチョコを見た瞬間

せっかく丁寧な梱包で素敵な手作りバレンタインチョコを貰ったのはいいけど、男性が捨てるのは、チョコに指紋がベッタリ付いていたからです。

いつもおしゃれなファッションとメイクの女の人だからいいなと思って受け取りました。

梱包も綺麗で、センスが良い。

付き合ってもいいなとそこまでは思ったけど、蓋を開けたらハートの手作りチョコに指の指紋がベッタリ。

サーッと恋愛感情も冷めてしまうのです。

なんでこんなに汚らしいチョコをくれるんだろう?

わざと?

と色々と考えてしまい、好きになれない。

なんだか汚らしい女性に見えてしまい、付き合おうとは思わないですね。

きっと、私生活もだらしないんだろう。

手も汚いし、不潔なんだ。

そんな女性とはやっぱり付き合いたくない。

だから、簡単に捨ててしまうのです。

あきらかに色がおかしいチョコを見たとき

色がおかしいと手作りバレンタインチョコを捨てたいなと思いますね。

形もいいし、匂いもいい。

なかなかの出来栄えだから、食べてはみたい。

でも、色がなんだかおかしいんです。

本来なら、ミルクチョコレートは茶色のはず。

それが、まだら模様で黒色が入っている。

または全体的に青みが掛かっていたりもする。

それに加えて表面には白いブツブツのようなものもある。

これでは食べたいなという気分にはなりません。

文字で「LOVE」と書かれてはあるのですが、その色も茶色のチョコに黒の字で書かれているところが残念。

ピンクのチョコにも黒文字で書かれてあると残念。

カラフルなチョコで可愛くしているのですが、茶色のハートのチョコにとにかく色々なカラーチョコをのせちゃってるんです。

彩りなんて考えていない。

ただ派手なだけ。

そんなセンスのないバレンタインチョコは、捨てるハメになるわけです。

スポンサーリンク

チョコに書かれているメッセージが深すぎるとき

形もいいし色もいい、香りだって食べたいと思う。

でも、書いてあるメッセージが深すぎて、食べる気分になれないんです。

バレンタインチョコは明るく、楽しい気分で貰いたいもの。

「好き」という言葉なら貰った男性も嬉しいですね。

ところが、手作りチョコには「私を選んで下さい」だの「私だけを愛して」とプレッシャーを与えるような言葉が。

メッセージカードには「食べてくれなかったら私はどうしたらいいのか」「あなたの顔を思い浮かべながら、寝ないで作ったんです。絶対に食べて下さい」とこれまた怖くなるような言葉が書かれていたら、捨てるのです。

また、バレンタインチョコにキスマークが付けて、「激愛」なんて書いてあると、気持ち悪いなと思って捨てますね。

もらったチョコから変な匂いがするとき

変な臭いがするバレンタインチョコは捨てるのです。

手作りチョコでツンと鼻につくような臭いがした時、食べたいなと思えません。

手でベタベタと触ったから、それでチョコが腐ってしまったのだろうと思います。

もしかすると指を舐めて、その手でチョコを作ったのかもと考えると、余計に食べれないですね。

香水のような香りが付いているのも捨てるのです。

バレンタインチョコだからと、愛を表現したいからと香水を箱に振りかけちゃう。

その香りはチョコにも付いてしまい、取れないんです。

食べ物に香水が付いていたら、口にする気分にはなれないですね。

気持ち悪くなってしまうし、お腹も壊しそう。

それに、食べ物なのに香水を箱に付けようなんて考える女性は、逆にセンスがないと思われて嫌われます。

見た目や清潔感が大事!

女子から見ても、捨てたくなる気持ちが分かるのではないでしょうか?

チョコの見た目や清潔感にこだわって作りましょう。

特に何も問題がなければ、きっとあなたのチョコを食べてくれるはずですよ。