手作りバレンタインが気持ち悪くて食べられない…!このチョコはどうすればいい?

正直、他人が作ったものって安心して食べられないですよね。

自分の彼女ならともかく、あまりしゃべったことの無い女子が作ったチョコを安心して食べろという方が、間違っているのかもしれません。

でも、せっかく手間ひまかけて作ってくれたチョコレート。

このチョコいったいどうすればいいの?

もったいないけれど思い切って捨てる

他人が作ったバレンタインチョコが気持ち悪くて食べれない、というのはよく理解できます。

よく知らない人からはもちろん、恋人からのものでも、「手作りは無理」という場合はありますよね。

どうしても食べれないのですから、処分するしかないでしょう。

ずっと冷蔵庫に入れておいても仕方ありません。

また、ずっと食べずに保存しておいたら、恋人からのバレンタインの場合、いつかバレてしまうでしょう。

食べるのを捨てるのはいけないことですが、手作りのものを一方的に作られ、「食べて」と渡されるのは辛いものです。

頑張って手作りをしてくれた「気持ち」だけ受け取って、バレンタインスイーツそのものは処分しましょう。

もちろん捨てたことは本人には内緒です。

食べたことにして、「美味しかったよ」と言いましょう。

家族に食べてもらう男性もいる

困った時は家族を頼るに限ります。

両親や兄弟に自分のかわりに食べてもらいましょう。

手作りバレンタインスイーツを気持ち悪いと思う人もいる一方、なんとも思わず食べる人もいます。

家族に「手作りチョコいいね」と食べたい人がいるならその人に食べてもらいましょう。

ただし、自分のかわりに食べたことは他人に喋らないようにきちんと口止めしておきましょう。

家族ならもらってすぐに食べてもらえますし、味の感想も聞けます。

いかにもきちんと自分で食べたように、どういう味がしたか、食感はどうだったかなど、細かい感想をきちんと聞いておきましょう。