あなただけの個性をアピール!他の女子とは一味違うバレンタインスイーツで彼を釘付けに!

バレンタインチョコは毎年同じようなチョコが出揃いますよね。

特にモテる男性は、毎年同じ顔ぶれの手作りチョコに内心では飽きている可能性だってあります。

そんな中で、1つだけ「何このチョコ?すごい!」というチョコがあれば、確実に彼を釘付けにすることができますよ。

今回は、あなたの個性をアピールできる斬新なチョコをご紹介します。

スポンサーリンク

遊園地みたい!お手軽チョコポップコーン

遊園地や映画館でお馴染みのポップコーン。

それにひと手間だけ加えて、バレンタインのチョコレートアレンジにしてみましょう。

作り方はとても簡単。

ボウルに細かく砕いた板チョコを適度な量入れて、レンジで500wで温めます。

取り出しながら沸騰しないように少しずつ温めて、なめらかに溶けたらそれをポップコーンの上から投入!

あとはひたすらにチョコレートを絡ませていきます。

途中でポップコーン同士が引っ付きそうになった位に、ココアパウダーを振りかけて一緒に混ぜ込みましょう。

混ぜているうちに勝手にほぐれてバラバラになってきたら完成です。

ホワイトチョコ&パウダーでコーティングすると、白と黒2種類できるのでミックスしてラッピングするのも可愛いです。

ホームベーカリー持ち必見!ポップなキューブパン

お家にホームベーカリーがあれば、バレンタイン特製のキューブ型パンに挑戦してみましょう!

強力粉150g、砂糖20g、ドライイースト2g、塩2g、スキムミルク大匙2分の1.卵36g、水72g。

以上をホームベーカリーに入れてミキシングし、まとまってきたら無塩バター20gを入れてこねていきます。

38℃で30分ほど一次発酵させてからパンチさせて、8等分くらいに分けたらベンチタイムは15分ほど取りましょう。

丸め直して型に入れたら二次発酵で、同じく38℃で30分強。

型のだいたい7分目あたりまで様子をみましょう。

ここまでできたら、あとは200℃のオーブンで20分焼けばベーシックのパンは完成です!

焼きあがったら冷まして、溶かしたチョコレートで自由にコーティングしていきましょう。

早目に渡せるのなら、上にホイップクリームやフルーツを乗せても可愛くて美味しいです。

スポンサーリンク

簡単なのにお洒落!モダンな見た目のマーブルショコラ

初心者向けのバレンタイン手作りスイーツとして、最もシンプルな作り方であるショコラ。

基本的には市販の板チョコを細かく砕いて溶かして型に入れて固めるだけなのですが、ひと手間加えるだけでとってもお洒落なマーブルショコラに!

板チョコは、最初から数週類の色を用意します。

一般的なブラウン・ホワイト・抹茶のグリーン・苺のピンクあたりが手に入りやすいですね。

それらを別々の容器でそれぞれ溶かし、ドロドロにならない程度の硬さになったら好きな型に2~3色重ねて入れましょう。

氷を作る入れ物がハートなど可愛い形もあるのでおすすめです。

入れ終わったら、固まらない内に竹串で優しくグルグル混ぜて、好みのマーブルを作りましょう。

あとは冷して固めたら完成です。

ただのシンプルなショコラなのに、プロが作ったような凝った見た目が目を引きます。

簡単に作りたいけれど他の女の子より一歩リードしたいという方にお勧めです。

和風に攻めよう!マスカルポーネで包んだ洋風苺大福

甘すぎるものが苦手な彼なら、チョコレートではなく苺を大胆に使った和菓子なんていかがでしょう?

甘さ控えめの苺大福で、見た目のインパクトもありますよ。

作り方は案外シンプルで、まずは白玉粉と絹豆腐を100gずつ用意してよくこねてボウルにいれ、600wで1分ほど温めます。

火傷に気を付けながら軽くこねなおし、30秒ほど追加で加熱して取り出し、耳たぶ位のやわらかさになればもうお餅の生地は完成です。

くっつかないようにシートに片栗粉を引き、適度な大きさに切ったら粗熱を取り、マスカルポーネチーズと一緒に苺をくるめば完成です!

生地自体に色を付けたい場合は、温める前の段階で苺パウダーを混ぜ込みましょう。

バレンタインなのに大福?と思うかもしれませんが、マスカルポーネのおかげで意外にも洋風な味わいに驚きます。

チョコレートのスイーツ顔負けのお洒落さと可愛さを兼ね備えています。

見た目でびっくり味にもびっくり

チョコの見た目でびっくりさせたあと、さらに食べて美味しさにびっくりしてもらえれば、バレンタインとしては大成功です。

インパクト抜群のしかも美味しいチョコを作って、彼のハートを射止めてくださいね。

応援しています。