崩れたら台無し!バレンタインに生チョコを手作りするときの綺麗な詰め方のコツは?

バレンタインの王道チョコと言えば、生チョコですよね。

でも生チョコって綺麗にカットするのも難しければ、ラッピングにだって気を遣うものです。

せっかく綺麗に作ったのに、渡すときにはぐちゃぐちゃ…なんて嫌ですよね。

そこで今回は、生チョコを綺麗に包むコツをご紹介します。

数が多い場合には大きな箱に隙間なく詰める

バレンタイン用に作った多くの生チョコを誰か一人に対してプレゼントしたり、大量に持ち運んで義理チョコとして利用したい場合には、大きめの箱を利用しましょう。

言い方は上品ではありませんが、すし詰めのような詰め方をすることによって、手作りした生チョコを崩れにくくすることができます。

移動の際にちょっとした衝撃が加わり、中の生チョコが動いてしまうようなことが起きたとしても、生チョコ同士が緩衝材の役割を果たしてくれます。

手作りした生チョコを一口大にカットし、大きく分割することなくそのまま箱の中に隙間なく詰めれば完成です。

生チョコは手が汚れやすいですから、大人数で食べることを想定している場合には、余裕をもった数のピックや爪楊枝を一緒に詰めておくこともおすすめです。

2~4粒程度の数なら小さめの仕切りのある箱に詰める

バレンタインに手作りした生チョコの数が2~4粒程度の個数であれば、小さめの仕切りのある箱に1粒ずつ封入する詰め方がベストです。

生チョコは非常に繊細ですから、箱に隙間があるだけでも生チョコ同士がぶつかってしまい、形を崩してしまうことがあります。

そのため、粒の数が少ない場合には大きな箱を使うことは避け、他のチョコやお菓子を同封することも避けましょう。

仕切りのある箱に詰めることによって、生チョコの崩れを予防することができるほか、色や味をそれぞれ変えた場合でも分かりやすく、綺麗に詰めることができます。

多くの方に同様のプレゼントをする際にはコストがかかってしまいますが、包装に気を配らなければせっかくの手作りが台無しになってしまいます。