手作りバレンタインチョコを受け取ってもらえるか不安…!事前にできる対策はある?

手作りのチョコレートって、もし受け取ってもらえなかったらとてもショックですよね。

一生懸命に作って勇気を出して渡したのに…とトラウマものです。

そこで今回は、あなたのチョコを受け取ってもたうために、事前にできる対策をご紹介します。

手作りチョコを渡そうと思っている人はぜひ参考にしてくださいね。

事前にカマをかけておこう!

バレンタインに手作りのチョコなどのお菓子を渡すことを予定しているのであれば、事前の会話の中でカマをかけてみると、手作りに肯定的か否定的かが分かります。

もちろんストレートに「男の子って手作りチョコって貰ったら嫌なものなの?」と聞いても構いませんが、もっと遠回りした探り方もあります。

手作りを受け入れれくれる性格であるか否かを判断しやすい質問としては「他人が握ったおにぎりを食べられる?」がベストです。

これに対して「食べられる」あるいは「人による」と答える男性なら、手作りのバレンタインも必ず喜んで受け取ってくれますから、不安に感じることはありません。

一方で「誰が作ったとしても嫌だ」と答えられてしまった場合には、警戒する必要があります。

彼の好みを事前に調べておく

バレンタインに手作りの品をプレゼントされること自体は嬉しくても、好みに合わなかったり、食べられない物を作ってしまうと、受け取りを遠慮されてしまうことがあります。

甘いチョコが苦手という男性はそれなりに多いですし、中身によってはアレルギーなどの問題によって食べたくても食べることができないという場合もあります。

そのため、事前に好みや嫌いなもの、アレルギー等の問題で食べられないものなどを本人や周囲の人物から聞き出して、リサーチしておくと非常に有効です。

しっかりと好みに合わせて作ったということを伝えることができれば、男性により大きな感動を与えることが可能となりますし、渡す側の不安も軽減させることができます。

念のために市販品も用意しておく

手作りのバレンタインと一緒に、市販品の品物も用意しておけば、万一手作りであることを理由に拒まれてしまった場合にも上手く切り返すことができるため、不安を拭えます。