高校生男子は手作りバレンタインチョコをもらうのは嫌?男子の本音はコレだ!

高校生の彼にチョコを作ろうか悩んでいるあなた。

手作りチョコなんて渡したら迷惑かな?でも手作りの方が…と1人で堂々巡りをしていませんか?

そこで今回は、手作りチョコをもらった男子高校生の本音をご紹介します。

悩んでいるときの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

チョコ自体は嬉しいけど…友達にちゃかされるのが嫌

バレンタインに好きな男子に手作りチョコレートを渡したいけれど、手作りは迷惑がられてしまうかも…と頭を悩ませる女子高校生もいるでしょう。

高校生という思春期の時期は、学校で女子から手作りチョコレートをもらうと、他の男友達から茶化される可能性があります。

「あいつ、お前のこと好きなんじゃないの?」なんて言われて、手作りチョコレートを見せろと言われることもあります。

本当は手作りチョコレートをもらったことがとても嬉しいのに、茶化されたことで素直に喜べないなんてこともあるでしょう。

バレンタインに高校生男子へ手作りチョコレートを渡したいと考えている女子は、他の男子の目に着かない場所でこっそり渡してあげるのがベストです。

ホワイトデーのお返しに困る

高校生男子がバレンタインに女子から手作りチョコレートをもらって少々頭を悩ませるのは、ホワイトデーのお返しについてです。

小学生や中学生の時のような子供ではもうないので、あまりにも適当なものを返すのは気が引けるでしょう。

また、子供の頃のようにホワイトデーのお返しを母親が一緒に考えて買ってくれるなんてこともあまりなくなります。

さらに、市販のチョコレートをもらったのであれば、同じように市販のお菓子を返せばよいけれども、手作りをもらった場合は何を返せばよいのか悩むものです。

高校生男子を困らせないためにも手作りチョコレートを渡すときは、「お返しについては気をつかわなくていいから!」と一言いっておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

モテる男子は手作りチョコが大歓迎

バレンタインに女子から手作りチョコレートをもらうと少し戸惑ってしまう男子は多いですが、女子にモテる男子は別です。

子どもの時から女子にモテモテの男子は、バレンタインにチョコレートも女子からもらうことはすでに慣れっこになっています。

そのため、高校生になって手作りチョコレートを女子からもらったとしても特に迷惑がることもなく自然に受け取ってくれるでしょう。

ただし、他の女子からもモテモテの本命の男子にチョコレートを渡す場合は、自分の本気度をきちんと伝えることが大切です。

本命男子にはチョコレートを渡すのと同時に告白をするか、手紙などを付けた方が他の女子との差別化を図れます。

告白や手紙などがないと、他の女子からもらったチョコレートの中に埋もれてしまいます。

家に持って帰るのが気まずいと感じる場合も

思春期の高校生男子はバレンタインに女子から手作りチョコレートをもらうと家に持って帰るのがきまずいと感じる人もいます。

自宅に手作りチョコレートを持って帰れば、母親や姉、妹から「誰からもらったの?」「くれた女子はあなたのことが好きなんじゃない?」といろいろ詮索してくるからです。

さらに市販品であれば義理チョコだと思われるかもしれませんが、手作りチョコレートだと本気度が伝わるため親としては更に気になるところです。

子どもの時であれば手作りチョコレートをもらってきてもただのプレゼントだと特に気にしませんが、高校生という時期になると親も息子の恋愛状況がとても気になるのです。

高校生男子が家に持ち帰るのが気まずくならないためにも、男子がその場ですべて食べられることができるぐらいのサイズのチョコレートを渡したほうがよいでしょう。

男子の立場に立って考えよう

高校生男子の本音を知って、その対策をしましょう。

要は、誰もいないところで、ホワイトデーを遠慮しつつ、1人で食べられる少量を渡せば大丈夫なのです。

手作りチョコを作って、バレンタインに渡しましょう!