手作りバレンタインを食べるのが怖い…!食べる?食べない?感想を聞かれた時の答え方は?

今まで手作りチョコでお腹を壊したことがある、そもそも潔癖症で手作りプレゼントが嫌い、など手作りチョコを食べるのが怖いと思っている方もいるでしょう。

あなたもきっと、食べるか食べないか迷ってこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

今回は、そんなあなたのために、不安に思ったときの対処法をご紹介します。

そもそも食べるのか食べないのか?感想を聞かれたときの答え方など、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

信用できる相手なら食べるのも!

バレンタインに手作りお菓子をもらったけれど、なんだか食べるのがこわい…食べても大丈夫なのか気になる男性もいるでしょう。

特に、形状がいびつだったり、ラッピングが適当で見た目にもおいしくなさそうに見えるものは食べるのを躊躇してしまうものです。

見た目が綺麗なお菓子でも味が不味い場合もありますし、逆に見た目が悪くてもとてもおいしくできている場合もあります。

バレンタインに手作りお菓子をもらったときは、お菓子をくれた相手が信用できる人物かを考えてから食べると良いでしょう。

いつも丁寧な女性であれば、お菓子も衛生的においしく作れる可能性が高いです。

逆に、いつもおおざっぱでがさつな女性はお菓子作りも分量を量らずに適当に作っている可能性があります。

とりあえず一口味見をすることで決めよう

手作りお菓子をくれた女性が信じられない場合には、とりあえずもらったものを一口味見をしてみるのもよいでしょう。

どんなに適当に作ったお菓子だったとしても、一口食べたぐらいではお腹を壊す心配もありません。

また、バレンタインに手作りお菓子をもらうと、後日女性の方から「味はどうだった?おいしかった?」などと聞かれる可能性があります。

そのため、一口も食べないで捨ててしまうのもあまりよくありません。

一口齧ってみて、おいしければそのまますべて食べてしまうのもよいですし、味がいまいちだった場合には無理をせずに捨ててしまうのもよいでしょう。

バレンタインに手作りお菓子をもらったからといって無理に食べる必要はありません。

スポンサーリンク

熱が通っているものは基本安全

バレンタインに手作りお菓子をもらって、食べるかどうか迷った場合、熱が通してあるお菓子であれば食べてもお腹などを壊すことがなく安全でしょう。

熱の通ったお菓子とはクッキーやガトーショコラ、プリンなどです。

どのお菓子もオーブンで焼いたり蒸したりと一度熱を通しているので、基本的には食べても安全な場合が多いです。

逆に危険なのは熱をまったく通さない生ものです。

生のフルーツや生クリームなどを使ったお菓子には注意が必要で、賞味期限切れの材料を使っていたり、衛生的に作るよう心掛けないと食中毒になる可能性もあります。

生の手作りお菓子をもらった際は、いつ作ったか?いつまでに食べればいいか?など消費期限を聞いておくのもよいでしょう。

食べたくなければ他の人にあげるのも1つの方法

バレンタインに貰った手作りお菓子を食べるのをどうしても躊躇してしまう時は、他の人にあげてしまうのも一つの手です。

ただし、注意したいのが同じ学校や職場の人などにあげてしまうと、自分がもらった手作りお菓子を別の人に渡したことが、くれた女性にばれてしまうかもしれません。

手作りお菓子をくれた相手にばれずに他の人に渡して食べてもらう場合は、自分の親や兄弟など身内の方がリスクは少ないです。

身内に手作りお菓子を食べてもらうことで、簡単においしいかどうかの感想も聞くことができます。

また、手作りお菓子をくれた女性から感想を求められた場合は、その感想をそっくりそのまま言っておけば、まるで自分で食べたかのように振る舞うことができます。

正直食べたくなくても…

手作りって何が入っているか分かりませんよね。

普段あまり喋ったことのない女子が作ったものなんて、正直食べたくないのが本音かもしれません。

あなたの判断力が試されているのです。