なんだかお腹が痛いかも…?手作りバレンタインを食べて腹痛になったらどうするべき?

バレンタインにもらった手作りのチョコレート。

家に帰ってわくわくと包み紙を開けて食べた数時間後。

なんだかお腹が痛いかも…?タイミング的に、このチョコのせいだ!

そんなとき、あなたはどうしますか?

彼女に言うのか言わないのか、その後のチョコの行方は?など、対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

まずはそれ以上食べるのを止めて!

バレンタインデに女性からチョコレートをもらい喜んで食べていたらお腹が痛くなってきた!なんて経験のある男性もいるかもしれません。

手作り品をを食べて、お腹が痛くなってきたときはすぐにそれ以上食べるのを止めることです。

せっかくもらったのに、すべて食べないと申し訳ないとは思わずに残ったものは捨ててください。

実はバレンタインに手作り品をもらってお腹が痛くなったという男性は意外と多いもので、そのほとんどが生焼けケーキやクッキーなどを食べた場合です。

ケーキやクッキーには小麦粉が含まれていますが生焼けの状態だと生の小麦粉は消化が悪くお腹が痛くなってしまうのです。

また、女性が賞味期限切れのバターや牛乳などを使って作った可能性もあります。

作った人に何が入っていたのか聞いてみよう

バレンタインに手作りお菓子をもらっておなかが痛くなってしまったときは、いったいその手作りお菓子に何が入っていたのか、どのように作ったのか気になるところです。

貰った手作りお菓子に実は自分のアレルギー食品が含まれている場合や作り方が間違っている場合もあります。

本来は火を通さなくてはいけないのに火を通していなかったなんてこともあります。

また、本来は当日中に食べなければならないものだったにも関わらず、数日後に食べたせいで悪くなっていたという場合もあるでしょう。

これ以上、犠牲者を増やさないためにも原因を突き止めるのも一つの手です。

バレンタインは、普段お菓子作りなどをしたことがない女子も手作りをする日なので、失敗をしている確率は高いものなのです。

スポンサーリンク

とにかく我慢!作った人には何も言わないようにする

バレンタインにもらった手作りお菓子を食べてお腹が痛くなったら、作った女子に文句を言いたくなるものです。

しかし、ここはグッと我慢をしてください。

もしかすると、お腹が痛くなった原因は手作りお菓子ではなく別の原因であることも考えられるからです。

女性としては、バレンタインのために心をこめてお菓子を作ったのに、そのお菓子を食べてお腹が痛くなったなどと言われればショックを受けます。

また、そんなはずはない!と怒り出す女性もいるでしょう。

確実にその手作りお菓子を食べたことでお腹が痛くなったということもわからずに、作った相手を責めるのは避けた方がよいです。

特に、自分の彼女などからもらったものでお腹が痛くなった場合は、絶対にそのことは言わず、材料や作り方など探りを入れる程度にしておいた方がよいでしょう。

同じものをもらった人に感想を聞いてみる

バレンタインに貰った手作りお菓子でお腹が痛くなった場合は、同じお菓子をもらった人がい

るのであればその人に探りを入れてみるのも良いでしょう。

まずは味はどうだったかを聞いてみて、最初から「あのお菓子を食べてお腹が痛くならなかった?」などと聞いてしまうのは避けましょう。

もし、その人は特にお腹が痛くなるようなことがなかった場合に、「あのお菓子を食べてお腹が痛くなったらしいよ。」と作った人に伝わってしまう可能性もあるからです。

味を聞き出すうちに相手もお腹が痛くなったなどと言い始めたら、手作りお菓子をもらった他の人にも食べない方が良いと教えてあげたほうがよいです。

バレンタインの手作りお菓子は無理に食べるものではありません。

意外と女子は適当に作ってる!?

作り人によっては残念なことに衛生面を全く気にしていない場合もあります。

また、暖房の効いた温かい部屋に放課後まで置きっぱなしなど、温度管理だって適当です。

お腹が痛いな…と思ったら迷わずにチョコを捨てて、原因究明しましょう。