彼氏が潔癖症…!そんな彼でも食べてくれるバレンタインチョコをご紹介します!

付き合っている彼氏が潔癖症だということが判明。

バレンタインは手作りしない方がいいの?と思ってしまうところですが、少し待ってください。

潔癖症の人でも、手作りスイーツが全然ダメというわけではありません。

今回は、潔癖症の彼を持つあなたにおすすめのバレンタインチョコをご紹介します。

スポンサーリンク

クッキーやラスクなどの焼き菓子

バレンタインには彼氏に手作りのものを渡したいけれど彼は潔癖症…食べてもらえるか不安という女子もいるでしょう。

確かに潔癖症の人と言うのは基本的には、他人の手作り品を食べるのに躊躇をする人が多いです。

口にしてくれたとしても、断ることができずに仕方なく食べていたり、我慢をしている場合もあります。

手作り品をバレンタインに渡したとしても、そのような気持ちで食べてもらってはうれしくありません。

潔癖症の人でも比較的、気にならず食べることのできるお菓子はクッキーやラスクなどの焼き菓子です。

これらのお菓子は、オーブンでしっかり熱を通しているので、菌などもいないだろうという考えから手作り品でも気にせず食べることのできる人が多いです。

簡単に作れる生チョコレート

潔癖症の人はできる限り作った人の手垢などが入っていないものであれば食べることができます。

つまり、手の平を使って丸めたトリュフチョコレートややたらと手の込んだお菓子などは作った人の手垢がたくさんついていそうで躊躇してしまうのです。

バレンタインに潔癖症の彼氏へ手作り品を渡すのであれば、できる限り手が触れずに作れる簡単なものが良いです。

オススメは、溶かして混ぜるだけの生チョコレートです。

生チョコレートは、生クリームにチョコレートをまぜて固めるだけなので、手などを使う工程が含まれていません。

バレンタイン当日、彼に渡すときには作り方についても説明をしてあげると安心して食べてもらえる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

市販品をデコレーションしたもの

お菓子作りをしたことがない女子や料理が苦手な女子にもおすすめしたいのが市販品を少しデコレーションしただけの手作りです。

潔癖症の人は、他人の作った手作り品を口にするのを躊躇をしてしまいますが、市販に売られているものであれば、気にせず食べることができます。

最初から市販のチョコレートを渡してしまうのが良いですが、彼女としてはせっかくのバレンタインには手作りをしたいと思うでしょう。

そんな時には、市販のお菓子を使って作る手作りお菓子がおすすめです。

例えば、市販のクッキーにちょこペンで顔やメッセージを書くだけでもかわいいですし、板チョコに他のお菓子で色とりどりにデコレーションをするのもよいでしょう。

手作り品と言えども、材料はすべて市販品なので、潔癖症の人でも食べてくれる可能性が高いです。

作っている姿を彼に見せるのもアリ

潔癖症の人がなぜ他人の手作り品を食べることができないのかと言うと、自分が口にするものがどのような工程で作られたのかがわからないからです。

もしかすると作っている最中に何か異物が混入したかもしれない、賞味期限切れの材料を使ったかもしれない、洗っていない調理器具を使ったかもしれないなどと考えるのです。

バレンタインに手作り品を渡したい女子は、潔癖症の彼に自分の食べるものが安全なものだとわからせるためにも、作っているところを見せてあげるのが良いでしょう。

自分の家に招いて作っているところを見せたり、彼の家にいって作ってあげるのもおすすめです。

できれば、彼の家で作ってあげた方が、調理器具は彼のものになるのでよりよいでしょう。

あなたの作るものだったら大丈夫な可能性も

潔癖症の程度は人によってさまざまですが、彼女の作ったものだったら食べれる!という男性は多いです。

彼が潔癖症だからと言ってあきらめずに、手作りチョコを渡しましょう。

事前に何がOKで何がNGなのか、聞いておくと安全ですね。