付き合う前の男子に手作りバレンタインって実際どう?重くならないプレゼントとは?

彼女という関係性であったら堂々と出来る手作りチョコ。

好きな人が女性にとっては憧れですよね。

じゃあ一方で、付き合う前の友達以上恋人未満の関係って、手作りチョコは重いの…?

今回は、重いと思われないための、手作りプレゼントをご紹介します。

本気な感じを出来るだけ見せないようにする

大好きな男子に、付き合う前だけどどうしても手作りバレンタインを渡したいという時はなるべく相手を困らせないように本気な感じを抑えたものにするのが無難です。

手作りチョコレートを付き合う前の女子からプレゼントされたとしたら、大概の男子は少し躊躇してしまうでしょう。

もちろん、相思相愛お互いに好きだという気持ちがあるのなら別ですよ。

ですが、そんなラッキーな状態に置かれることは、あまりないと考えておいて下さいね。

受け取った時にもしかしたら義理チョコかも、と思われるくらいの控えめさが男子に受け売れられるポイントとなります。

いかにも大好きだという気持ちが全面に押し出されているプレゼントは、相手にとっては重荷でしかないですよ。

チョコレートではなくクッキーやマシュマロで路線を外す

本命の彼に、バレンタインで渡したいものと言えばやはり手作りのチョコレートですよね。

しかし、甘いものを好まない男性も多いのでチョコレートでもホワイトミルクよりビターを選んで作られる方が美味しく食べて頂けますよ。

また、チョコレートにこだわって手作りするよりもクッキーやマシュマロを手作りするというのもおススメです

チョコレートの手作りは何だかプレッシャーが大きすぎて受け取るのにも勇気が居るもの。

まだ付き合う前の男子であればその男子だけではなくて「たくさん作ったから皆で食べてね」と言って他の男子にも義理チョコのような感じでクッキーやチョコ、マシュマロを配ってしまうと言うのも1つの手ですよ。

ただ1つ気をつけなければいけない事は、同じクラスの女子の前でそれをやってしまうと反感を買いかねないですからご注意下さいね。

小さくて身につけやすいアクセサリーで勝負する

バレンタインの定番はチョコレートを渡す事ですが、チョコレートでなくても手作りのものをプレゼントする事ができますよ。