悩んでも悩んでも決められない!バレンタインチョコは手作りと購入どっちがいいの!?

バレンタインチョコが手作りか既製品かどちらがおすすめ?という質問は、本当に人によって意見が分かれますよね。

本命なら手作りでしょ!という人もいれば、本命だからこと高級チョコでしょ!という人もいます。

友達にも相談したけど決まらない…どうすればいいの?

今回は、そんなあなたに、手作りチョコか市販チョコか決めるときのポイントをご紹介します。

ブランド好きな男性には購入する

ブランド好きな大人の男性には、購入したバレンタインチョコをあげましょう。

この手の男性はあまり手作りのものが好きではないところがあります。

素朴なものや地味なものも好きではない。

食べ物も高級なものを食べたいと考えるところもあり、舌が肥えています。

いいものばかりを知っている30代の大人の男性は、特に味には煩いところがあります。

そんな人に味もいまいち、見た目もいまいちな手作りチョコをあげても、好かれないですね。

必死に作れば作るほど、その気持ちがバレンタインチョコに出ちゃってて、ちょっと疲れるんです。

イビツな形の手作りチョコもダメですね。

この手の男性はピチッとしたものが好きというところもありますから、形が微妙なチョコは貰っても嬉しいと思えない。

できればセンスの良いブランデー入りのチョコや、ブランドのチョコが良かったと思うのです。

あまり会話がない男性には購入する

ほとんど話もしたこともない男性には、購入したバレンタインチョコの方が無難です。

こちらは男性の顔を知っているし、名前も知っている。

どこに勤めていて、どんな趣味が好きなのかまで知っています。

でも、男性の方は女性の名前も、どこで働いているかも知らない。

まったく認識のない女性からいきなり「好きです」と手作りのバレンタインチョコを渡されても「食べたいな」とは思えないのです。

頑張ってお金も時間もかけて作ってくれたと感じるチョコですが、逆に知らない人からの頑張り過ぎた手作りには抵抗があるものです。

これが少し会話もしていて、女性の情報を知っていればいいのですが。

食べてもらいたいのなら、衛生的に見える購入したチョコをあげた方がいいでしょう。

前から顔見知りなときには手作りしよう

前から顔見知りな男性には、手作りチョコをあげましょう。