好きな男子への手作りバレンタインチョコ!添えたい手紙の内容は?

バレンタインにチョコに添えるメッセージカード。

告白したいけど、告白する勇気がない…そんなときには何を書けば良いのでしょうか?

「好きです」と書く以外にも思いを伝える方法はたくさんあるのです。

今回は、バレンタインメッセージにおすすめしたい言葉をご紹介します。

好きといえないのなら…「本命チョコです。」

ストレートに「好きです」という言葉がどうしても書けない場合、好きという気持ちを遠回しに伝えるしかありません。

その場合に有効なのが「本命チョコです」という手紙の言葉です。

本命、というワードで、「好き」だということは充分伝わります。

また、他の男子に渡していたとしても、それは義理チョコで、自分のは本命チョコだと彼ははっきりわかるでしょう。

「○○君にあげたこのバレンタインチョコは本命チョコです。心をこめて一生懸命作りました。美味しく作れたか不安ですが食べてくれたら嬉しいです。」

このような内容で、少し控えめな印象の手紙を添えてみましょう。

好き、とはっきり言うのもいいですが、「本命チョコ」という言葉にきっとドキッとしてくれるはずです。

ストレートに直球勝負!「好きです」

手紙を書くのが苦手で上手に思いを伝えられない人は、あまり長文の手紙を書かないほうがいいでしょう。

短い手紙のほうがかえってすぐに読めて、相手も理解しやすいです。

「○○君のことが好きです。頑張って作ったので食べてください。」

好き、というワードをきちんと入れているので、いくら短い手紙でも、相手にはきちんと気持ちは伝わっています。

とにかく、手作りバレンタインをきっかけに告白だけしたい場合、「好き」という思いを伝えることに専念した手紙にしてみましょう。

ごちゃごちゃ、相手のどこが好きだとか、二人の想い出などを書く必要はないでしょう。

そういうことはよほど文章を書くのに慣れたひとでなければ、くどくなったり、意味不明な文章になりがちです。

シンプルに「好き」だということを伝えてみましょう。

「大好きです。私と付き合って下さい。」

思いを伝える告白の手紙では満足できず、「付き合いたい」という気持ちがあるのなら、きちんと返事がもらえるように、「付き合って下さい」という言葉を手紙に入れる必要があります。