好きな男子への手作りバレンタインチョコ!添えたい手紙の内容は?

バレンタインにチョコに添えるメッセージカード。

告白したいけど、告白する勇気がない…そんなときには何を書けば良いのでしょうか?

「好きです」と書く以外にも思いを伝える方法はたくさんあるのです。

今回は、バレンタインメッセージにおすすめしたい言葉をご紹介します。

スポンサーリンク

好きといえないのなら…「本命チョコです。」

ストレートに「好きです」という言葉がどうしても書けない場合、好きという気持ちを遠回しに伝えるしかありません。

その場合に有効なのが「本命チョコです」という手紙の言葉です。

本命、というワードで、「好き」だということは充分伝わります。

また、他の男子に渡していたとしても、それは義理チョコで、自分のは本命チョコだと彼ははっきりわかるでしょう。

「○○君にあげたこのバレンタインチョコは本命チョコです。心をこめて一生懸命作りました。美味しく作れたか不安ですが食べてくれたら嬉しいです。」

このような内容で、少し控えめな印象の手紙を添えてみましょう。

好き、とはっきり言うのもいいですが、「本命チョコ」という言葉にきっとドキッとしてくれるはずです。

ストレートに直球勝負!「好きです」

手紙を書くのが苦手で上手に思いを伝えられない人は、あまり長文の手紙を書かないほうがいいでしょう。

短い手紙のほうがかえってすぐに読めて、相手も理解しやすいです。

「○○君のことが好きです。頑張って作ったので食べてください。」

好き、というワードをきちんと入れているので、いくら短い手紙でも、相手にはきちんと気持ちは伝わっています。

とにかく、手作りバレンタインをきっかけに告白だけしたい場合、「好き」という思いを伝えることに専念した手紙にしてみましょう。

ごちゃごちゃ、相手のどこが好きだとか、二人の想い出などを書く必要はないでしょう。

そういうことはよほど文章を書くのに慣れたひとでなければ、くどくなったり、意味不明な文章になりがちです。

シンプルに「好き」だということを伝えてみましょう。

スポンサーリンク

「大好きです。私と付き合って下さい。」

思いを伝える告白の手紙では満足できず、「付き合いたい」という気持ちがあるのなら、きちんと返事がもらえるように、「付き合って下さい」という言葉を手紙に入れる必要があります。

「○○君のことが大好きです。1年生の頃からずっと好きでした。迷惑じゃなかったら私と付き合って下さい。」

など、「好き」であることと、「付き合って欲しい」ことをはっきり手紙の内容に盛り込みましょう。

付き合ってもらうためには、自分と相手の間にどんなドラマがあるのかを盛り込んだほうがいいでしょう。

運命的な相手だ、というほうがロマンチックで、彼の心に訴えかけるからです。

一目惚れでもいいですし、性格が好き、笑顔が好き、話してくれて好きになりました…など、自分がどうして彼に恋をしたのか、エピソードを手紙に盛り込むといいでしょう。

そのぐらいきちんとした手紙の内容なら、相手も付き合うかどうか真剣に考えてくれるでしょう。

お洒落で気軽な手紙にするのもOK!

手紙自体、ちょっと重いイメージがあります。

言葉だとなかなか言えないことでも、手紙だといろいろ書けてしまうので、そのぶん、重い内容になってしまうこともあるからです。

受け取る彼が手紙を読んでどんな気持ちになるかを想像してみましょう。

思わず笑顔になるような、爽やかでお洒落な手紙もおすすめです。

「Happy Valentine」

まず、英語でお洒落にバレンタインの手紙をはじめてみましょう。

「料理はあまり得意ではないけれど、何度も練習して頑張って作りました。」

くだけた内容ですが、自分らしさがでて、しかも頑張って作ったことが伝わります。

「手作りしたのは○○君のチョコだけです。」

いくらお洒落で、くだけた内容の手紙でも「手作りしたのは○○君だけです」と伝えることで、告白と同じになります。

告白したくてもできない…そんなときは?

「好き」といえればそれでいいのですが、恥ずかしがりやな人は別の方法でアプローチしましょう。

「本命」「あなただけ」など、告白を思わせる言葉はいろいろあります。

どんな言葉で思いを伝えるか、バレンタイン前にはしっかりと考えましょう。