バレンタインで付き合ってない子からの手作りは重い?重くないのはこのパターン!

バレンタインにチョコを手作りしたいけど…

彼女でもないのに重いかな?と思ってしまうのではないでしょうか?

そこで今回は、「このパターンにあてはまっていれば大丈夫!」という場合をご紹介します。

あなたにあてはめて考えてくださいね。

スポンサーリンク

義理チョコみたいに量産型なら大丈夫!

バレンタインに付き合っていない子からの手作りは重いと思いますが、量産型ならよいのかもしれないです。

たくさん一緒に作ったから気にしないで、と言えば重くは取られないでしょう。

贈るチョコレートが本命なら、一緒に作ったチョコレートは会社の人に配る義理なんだ、ということをしっかり伝えることを忘れてはなりません。

もちろん義理でしたら軽い感じで渡しやすいでしょう。

手作りのチョコレートが苦手な人もいますが、大半はうれしい人のが多いものです。

気持ちのこもった手作りは普段なかなか食べることができませんので、きっと喜ばれます。

本命でしたらラッピングも気合を入れて準備しておきたいものです。

もらったほうもうれしい気持ちになりますよ。

普段から料理好きならOK!

バレンタインに付き合っていない子から手作りは重いと感じる人が多いかもしれませんが、普段から料理好きなことが伝わっていれば、そこまで重くとられることはないです。

普段の料理の延長線上でチョコレートを作ってみた、ということが分かれば、男性もそこまで気になくて済みます。

バレンタインの日は女性から思いを伝えることができる重要なイベントです。

普段料理を全くしない人がいきなり手作りチョコレートをつくることに、男性はその重さを感じ取ってしまいひいてしまいます。

それと同時に、内容や味も気になってしまうものです。

普段から料理好き、料理上手なことが分かっていれば、安心して食べることができますし、警戒することもありません。

渡すチョコレートが本命だったらそれがわかるような内容とラッピングにしましょう。

スポンサーリンク

信頼関係が築けているかどうか

バレンタインに付き合っていない子からの手作りが重いかどうかは、相手との関係性によります。

渡すチョコレートが本命でも義理でも、長い間友達でしたら相手との関係性が安定していますし、チョコレートが手作りでもそこまで警戒はしないでしょう。

出会ってからまもないとか、チョコレートを渡すことで大きく関係性が変わるかもしれないことが予想されるときは、手作りのチョコレートは少し重いといえます。

とはいえ、もらうこと自体はうれしいものですが、どうしていいかわからないというのが本音です。

義理だったら、サクっといったほうが男性は安心しますし、女性も手作りの自己満足は控えたほうが今後のお付き合いは発展しやすくなるかもしれないです。

チョコを贈る目的をはっきりと伝える

バレンタインに付き合ってない子からの手作りは重いかについて、そのチョコレートを贈る目的をはっきり同時に伝えるということが大切かもしれないです。

義理でしたら簡単に伝えられますし、本命になりたいのなら素直に気持ちを伝えることも一つの方法です。

重いとは一瞬思うかもしれませんが、手作りがうれしいと思う男性も多くいます。

内心はとっても嬉しいかもしれないです。

女性側から素直に気持ちを打ち明けやすい日など、普段のイベントにあまり発生しません。

フラれるときにはスパッとあきらめられる勇気や、お返しはいらないことを伝えることは渡すときにいえます。

せっかくのイベントですから勇気を出して行動に移してみたら、日ごろの片思いが実るのかもしれないです。

手作りは絶対ダメ!ではない

ここでご紹介したように、手作りチョコが重いかどうかは、関係性やその場面によります。

手作りは絶対にダメ!というわけではありません。

チョコを手作りしたい場合は、上記ポイントを参考にしてくださいね。