手作りバレンタインが困る!どのタイミングで彼女に伝える?波風立てない伝え方!

手作りのものをもらいたくない…

たとえ大好きな彼女からのプレゼントだって、そう思ってしまうことはありますよね。

潔癖症の人もいると思いますし、手作りは下手だから…と正直に思ってしまう人もいますよね。

今回は、手作りプレゼントを欲しくないと思ったときに、波風立たなく伝える方法をご紹介します。

一緒に買い物行っているとき

バレンタインに手作りのものが困るときに、伝えるタイミングは迷います。

そのタイミングとして一緒に買い物に行っているときが良いです。

「この商品が欲しい」と言うことでわかりやすく、彼女にも伝わりやすくなります。

はっきりこれが良いということを伝えれば、欲しい気持ちは伝わりますので、たいていの時は要望を聞いてくれるでしょう。

この方法の良いところは困る理由を伏せられることや、困っていることさえ伝わっていないということです。

できるだけ嫌な思いをしないでバレンタインを楽しいものにしたいので、市販のものをはっきり指定することで嫌な状況は回避できます。

彼女の分のチョコレートを一緒に買ってもよいですし、デート先を買い物できるスポットにしておきましょう。

一緒に雑誌や本を見ているとき

バレンタインに手作りのものが困るときに、一緒に雑誌や本を見ているときに伝える方法があります。

一月末くらいになってくると、各洋菓子店舗が今年のおすすめのチョコレートを宣伝するようになります。

そのころに合わせて情報誌やタウン誌に特集が組まれるものです。

またテレビでもチョコレートの特集を組んだりもします。

デートスポットの発見を目的とした情報誌の購入をして、一緒に見ながら、その情報誌に載っているこれが欲しいということを伝えます。

一緒にテレビを見ていたり、コンビニで雑誌を見ているときでもよいのですので、できるだけ直接言うチャンスを増やしておきます。

うまくアピールすれば欲しい気持ちを伝えることができますので、たいていの時はその商品をプレゼントしてくれます。