手作りバレンタインが困る!どのタイミングで彼女に伝える?波風立てない伝え方!

手作りのものをもらいたくない…

たとえ大好きな彼女からのプレゼントだって、そう思ってしまうことはありますよね。

潔癖症の人もいると思いますし、手作りは下手だから…と正直に思ってしまう人もいますよね。

今回は、手作りプレゼントを欲しくないと思ったときに、波風立たなく伝える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

一緒に買い物行っているとき

バレンタインに手作りのものが困るときに、伝えるタイミングは迷います。

そのタイミングとして一緒に買い物に行っているときが良いです。

「この商品が欲しい」と言うことでわかりやすく、彼女にも伝わりやすくなります。

はっきりこれが良いということを伝えれば、欲しい気持ちは伝わりますので、たいていの時は要望を聞いてくれるでしょう。

この方法の良いところは困る理由を伏せられることや、困っていることさえ伝わっていないということです。

できるだけ嫌な思いをしないでバレンタインを楽しいものにしたいので、市販のものをはっきり指定することで嫌な状況は回避できます。

彼女の分のチョコレートを一緒に買ってもよいですし、デート先を買い物できるスポットにしておきましょう。

一緒に雑誌や本を見ているとき

バレンタインに手作りのものが困るときに、一緒に雑誌や本を見ているときに伝える方法があります。

一月末くらいになってくると、各洋菓子店舗が今年のおすすめのチョコレートを宣伝するようになります。

そのころに合わせて情報誌やタウン誌に特集が組まれるものです。

またテレビでもチョコレートの特集を組んだりもします。

デートスポットの発見を目的とした情報誌の購入をして、一緒に見ながら、その情報誌に載っているこれが欲しいということを伝えます。

一緒にテレビを見ていたり、コンビニで雑誌を見ているときでもよいのですので、できるだけ直接言うチャンスを増やしておきます。

うまくアピールすれば欲しい気持ちを伝えることができますので、たいていの時はその商品をプレゼントしてくれます。

彼女も彼氏に喜んでほしい気持ちはあるのです。

スポンサーリンク

一緒に作るのもいいアイデア!

バレンタインに手作りのものが困るときに、一緒に作ってそれとなく伝えていく方法があります。

何が嫌かは、男性によって変わってきますが、その過程を見ていくことで自分の意見も変わっていくかもしれません。

でもやっぱり嫌だと思った場合は、「俺は市販がいいな」などど軽い感じで伝えることができます。

重くとられないように、かしこまって言わないことが大切なのです。

もちろん作るときは楽しい時にしたいのですが、彼女に負担をかけたくないので市販のものが食べてみたいとか言ったり、自分の作ったものしか食べないかをして、「市販のチョコレートもほしいな~」などと言っておくと当日か後日までにもらえるかもしれません。

伝えにくいことは気づかせるしか方法がないのですが、チョコレートの評価は女性も気になるところですので、気に入らないことが分かればあきらめてくれるでしょう。

直接はっきり言うのが1番いい!

バレンタインの時に手作りのものが困るときは、 直接言う方法があります。

一瞬は言う方法がわからない、彼女を傷つけたらどうしようと思いますが、嫌なものは嫌なのではっきり伝えたほうが良いです。

嫌な状態のまま何年も受け取り続けることは逆に失礼ですし、彼女にも悪いことをしたという罪悪感が残ってしまいます。

理由は言わなくてもよいですが、市販の流行しているものやおしゃれなものを食べてみたい、ということをはっきり言えばたぶん伝わります。

いくら鈍い彼女でも、今年は市販のものが食べたいということは頭にインプットされますし、自己満足でしかない手作りはしたくないものです。

言う時期を配慮するのなら1月中旬をおすすめします。

バレンタイン商品は1月末から始まるからです。

市販プレゼントがほしいなら…

私の手作りプレゼントがほしくないの!?とショックを受ける女性が大半でしょうから、違うことを理由にすることで、波風立たずに市販のプレゼントをもらうことができるのです。

すでに材料を買ったのに!ということにならないように、時期については先述したとおり、少なくとも1月中には言っておきましょう。