ホストが教えるモテる男性の心構え!普段心掛けていることは?

モテる人というのは、主にどういった人なのでしょうか。

カッコイイ・可愛い・綺麗…男女問わず、そういった人たちは”雰囲気”を周りに醸し出しているものです。

そして、それにともなって彼らは、何かしらの”アクション”を起こし、”雰囲気”作りをしています。

そこで今回は、男性が普段心掛けている”アクション”からどのように”雰囲気”作りをしているのかをリサーチしましたので、ご自分の普段の生活に当てはめ、チェックしてみましょう。

清潔感は相手への敬意

清潔感=身だしなみ、これは相手方への敬意であり、思いやりでもあります。

なによりも必要不可欠な項目の一つであると、作者は思っています。

異性だけでなく同姓に対しても一緒で、服装、髪型、体臭といった箇所にて、身なりに少しでも穴があれば、それは自分が思っている以上に大きく目立ってしまします、もちろんマイナスな意味で。

シンプルに見えてこれは、自分・相手の両方への気遣いへと繋げられる、デキる男の”雰囲気”の見せどころ。

接していて、爽やかで、気遣いができる男性、まずはモテる典型的な例の一つと考えていいでしょう。

優しさは相手への最大の思いやり

先ほどの”清潔感”と同じレベルといっても過言ではない項目です。

人が他人と接していて安心する一番のタイミングは、人に優しくされた時です。

気遣いが出来て、自分にマッチした優しさをくれる人…そんな人が居てくれたら、まずは離れたくなくなります。

人は皆、寂しがり屋であり、安心を求める生き物です。

そんな中で、自分だけに向けられた優しさをくれる方がいたら、誰でも惚れてしまうことでしょう。

何かを追い求める夢追人

目標、夢に向かって努力する人のことを指します。

普段日常の表情と、真剣な表情でのギャップに心奪われる方も中には多いのではないのでしょうか。

学生なら運動会や部活動、社会人ならお仕事が主に取り上げられますが、他にも沢山あります。

プレゼン・発表会に向けて一生懸命練習する姿、ポルシェのような高級車がを手に入れる為に清掃員のバイトから始めて働き続ける姿、お目当ての女性とお付き合いをする為に一途にアタックをし続ける姿、姿形は関係ありません。

大事なのは何かに夢中になれること。

何かきっかけがあれば、ちっぽけな事にでもコツコツ打ち込んでみれば、何かしら手に入るのではないのでしょうか。

彼氏、彼女持ち

これは、上記の例とは少し異なってきますが、キーワードは”思いやり”です。

他人、自分以外の人に対して”思いやり”をあげられる人、伝えるのが上手な人のことを指します。

人は自分に無いものや、違うものを持っている人に興味を持つもの、それを直感で感じるのが所謂”惚れる”といいます。

また、自分が惚れる相手は大概恋人持ち、というパターンも少なくありません。

魅力的に見えてしまう要因は色々ありますが、まず言えることは”思いやり”の有無ではないのでしょうか。

他人と付き合うことで自分以外の人間を学び、接し方も次第に柔らかくなり、個性が出やすくなるわけですから、人の目にも留まりやすくなるのかも知れないですね。

しかし気持ちが制御しきれなくなると、相方とのトラブル・修羅場に発展しかねないので、気の持ちようにも注意が必要です。

実行から生み出される人の魅力

いかがでしょうか?

他人を引きつける人は、自身の何かしらの行動に気を遣い、考え、実行に移しています。

そういった”アクション”から醸し出している”雰囲気”が他人を引き寄せるのです。

「あの人と仲良くなりたい、付き合いたい」、「好きな人に振り向いてもらいたい」、「モテたい」、そういって何もしないことはナンセンスです。

人は、自分に無いもの、もしくは違うものに魅力を感じる生き物です。

それを行動で表さない限り、誰にも振り向いてもらえず、ただの普通の人として見られるだけなのです。

他人に振り向いてもらいたくば、”アクション”を起こす、ただ、それだけに没頭してみましょう。

思っているだけ、言うだけなら誰でも出来ますが、行動に移すことによって一気に他の人と差が出てきます。

”思いついたら即行動”、小さな行動の積み重ねはやがて大きな魅力へと変貌していくことでしょう。