これが作れたらパティシエ並み!手の込んだ手作りバレンタインスイーツ4選をご紹介!

せっかくバレンタインチョコを作るのなら、すごいのを作って彼をびっくりさせてみたいと思いませんか?

いつも作っているトリュフやクッキーも十分美味しいですが、ありがちな感じがして、なんだかありがたみも薄れてしまう…

そう思っているあなたにぴったりの、少し難しめのチョコをご紹介します。

少し難しいとは言っても、練習すればきっと作れるようになるはず。

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

チョコケーキの王様!ザッハトルテ

手作りとは思えない、手の込んだおしゃれなバレンタインケーキ、ザッハトルテ。

ザッハトルテはオーストリアの伝統的なチョコレートケーキで、チョコレートケーキの王様とも呼ばれているほど。

こんなすてきなケーキをもらったら、彼も感激してしまうことでしょう。

作り方はまず、卵の別立て方式のチョコレートスポンジを作ります。

卵白と砂糖を泡立てメレンゲを作り、卵黄と砂糖にバターと牛乳に薄力粉とチョコを合わせたものと混ぜ合わせます。

オーブンで35~40分位焼き、半分にスライスします。

アプリコットジャムで作ったシロップを塗り、ラム酒入りのチョコレートホイップクリームをはさみます。

スポンジの上からコーティング用のチョコレートを流し、冷蔵庫で冷やして完成です。

土台から作っちゃおう!チョコレートタルト

サクサクのタルトに、口どけの良いチョコレートクリームが2層流し込まれたチョコレートタルト。

とろける濃厚な味わいが男性に大人気のケーキです。

切り分けてプレゼントするもよし、一緒に食べるもよしです。

チョコレートクリームがしっかりした味ですのでホイップクリームを添えるとさらに手の込んだ感じが出ますよ。

作り方は、まずタルト生地から。

バターと砂糖、卵黄と薄力粉さっくりと混ぜてタルト型にかぶせ180℃のオーブンで20分ほど焼きます。

次にフィリングを作ります。生クリーム、牛乳とチョコレートに卵を加えて混ぜ、タルトに流し込んだら180℃で15分くらい焼き、グラサージュショコラというチョコレートの濃厚クリームを流し込んで冷やし完成です!

スポンサーリンク

大人スイーツの代表!ティラミス

言わずと知れた、大人っぽいスイーツの代表格です。

マスカルポーネチーズのなめらかなクリームとコーヒーシロップが香るスポンジのハーモニーが格別です。

バレンタインにぴったりなので大人の彼にぜひ手作りしてあげたいですね。

作り方はまずクリームから。卵黄と砂糖とマスカルポーネチーズ、ホイップした生クリームを滑らかに合わせ冷やしておきます。

次にスポンジ生地を別立てで作ります。

卵白と砂糖をしっかり泡立て、その中に卵黄を加え混ぜたら、薄力粉をサックリと混ぜ込み、180度に予熱したオーブンで約10分程焼きます。

焼き上がったスポンジにコーヒーシロップを染み込ませて、クリームとなるように交互に重ねててゆき、一番上にココアパウダーを振って完成です。

濃厚なのにクリーミー!チョコレートムース

お口のなかでふわっとまろやかに溶けてゆくチョコレートムース。

濃厚な味わいの中にクリーミーさが優しく、ほっとするような味です。

持ち運びが大変なので、冷蔵庫から出してすぐに食べることができるように、彼を家に招いて出してあげるのもよいですね。

持ち運んで渡す際は保冷剤と食べやすい大きさのスプーンをつけてあげると、とても親切です。

作り方は、チョコレートとラム酒を一緒に溶かし、温めた牛乳とふやかしたゼラチンを混ぜ合わせます。

別のボールに卵白と砂糖を泡立ててしっかりとしたメレンゲを作ります。

ホイップした生クリームとチョコレートクリーム、メレンゲをすべてともに混ぜ合わせ、カップに入れ、冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

女子力を見せ付けちゃおう!

こんなスイーツが作れるとは、なんて女子力のある女性なんだ!と思ってくれたらいいですよね。

少し難しく感じてしまうかもしれませんが、きちんとレシピ通りに作れば失敗することはありません。

正確に慎重に作るのがスイーツ作りを成功させる秘訣なのです。

頑張ってくださいね。